ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆まとめ 神様の使徒-カマキリについて調べました

カマキリについて調べた内容をまとめたメモ。

かまきりは畑では神様の使いと言われています。昼も夜も、害虫も(益虫も)食べてくれて、無農薬栽培の強力な味方です。
昨年、私の畑では、かなりの数のカマキリを見ることができました。にっくきカメムシを食べている姿も見ました。今年はもう少しカマキリ、特にオオカマキリについて詳しく知りたいと思い- 0225-本1
子供用の本で調べました。意外と大人向けの専門的な本はないものです。

まず、卵についてです。オオカマキリの卵には休眠期がありません。累積温度が一定を越えると、真冬でも孵化します。以前、「室内オオカマキリの卵を保管していたら、冬に室内で孵化して大変だった」と聞いたことがありますが、そういうことです。一方、チョウセンカマキリは休眠期間があります。だいたい、オオカマキリが孵化した後くらいにチョウセンカマキリは孵化するそうです。

オオカマキリの卵からは、普通、150~200匹の幼虫が出てくるそうですが、生まれたときから試練が待ち構えています。アリやトカゲ、あるいはクモやカエルに襲われたり、雨に流されて水たまりで死んでいったりします。共食いもします。子供の時、オオカマキリの卵をケースに入れて孵化させて、最終的に1匹になるまで放置していたという上級生がいました。

小さな幼虫のときのエサは、アブラムシやハエなど小さな昆虫だそうです。生きて動き回っている昆虫しか食べず、死んで動かなくなっているものは決して食べないそうですので、ヨトウムシやアオムシの幼虫は食べてくれなさそうです
よく、水を飲むそうですので、飼育するときは水を含ませたガーゼを入れたり、霧吹きで容器に水を吹きかけるそうです。

成虫になったオオカマキリは昆虫界では無敵。スズメバチ、セミ、稀にトカゲやカエルですら食べますが、鳥には食べられることもあります。
また、有名な天敵として、ハリガネムシがいます。ハリガネムシは水中で産卵し、カゲロウの幼虫がハリガネムシの幼生を食べ、そのカゲロウをカマキリが食べることで、最終的にカマキリを宿主として寄生します。

卵は、ある程度まとまった場所で見つかることが多いようですので、卵を見付けたら、その周辺もよく探した方が良さそうです。日当たりや地温などの条件が関係しているのかもしれません。私も、ススキを刈っていて、近い場所で複数の卵を見付けました。論文を見ていたら、「2時間で30個の卵嚢を収集した」などの記述があり、コツをつかむと効率良く見付けることができそうです。
私の家の南側の壁には、よく、コカマキリまたはチョウセンカマキリが産卵します。昨年も今年も、壁をよく探すだけで、3~5個も卵がありました。それならと隣人の家の壁を探したのですが、全くありません。我が家は日当たりが良いので、壁の温度が高いことをカマキリは分かっているのかもしれません。
卵の大きさは色々あるようです。栄養状態によって違うようです。 0225-卵1
写真は、現在、我が家でスタンバイしている卵です。

秋に、お腹が大きくなったカマキリを見付けたら、捕まえて飼育箱に入れてエサをやっていると、そのうち卵を産みます。
飼育箱は写真のように小さなものでも良く、その方がエサを捕まえやすいそうです。0225-本2
エサが弱っていたら、目の前で細かくゆすると食べるそうです。共食いするので、必ず1匹ずつ飼育する必要があります。

残念なことに卵も無傷で冬を過ごすのではなく、カマキリタマゴヤドリバチやカマキリタマゴカツオブシムシなどが寄生して卵を食べるそうです。
0225-卵2
断言できませんが、この卵はそうかもしれませんね。  

また、鳥に食べられることもあります。同じ場所で、ほとんど欠けた卵を見付けました。きっと鳥に食べられたのでしょう。
従って、カマキリの卵を無防備で畑に配置するのは鳥に食べられる危険があるので、止めた方が良いと思います。
私は、虫かごや透明プラスチックコップ等でガードしたり、不織布のトンネルの中に卵を置いています。
さて、畑でカマキリが生息できる環境ですが、昨年は意図的に草むらを残しながら草を管理していましたが、今年はソルゴーやクロタラリア、ムギ類を栽培するので、特に意図しなくても大丈夫かと思います。
出来れば畑で産卵して欲しいので、晩秋にムギがいい感じで枯れるように、あるいはトウモロコシを枯らしたまま放置するなど、太くて固い茎を残し、かつ、外敵から身を守れるような草陰を確保しようと考えています。

〔参考になるサイト〕
▽週末ファーマーによる自然農の野菜栽培 オオカマキリの飼育と畑での観察
▽ぁぃの飼育ブログ オオカマキリとイエコオロギ オオカマキリ2世
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/25 14:28 ] ├ 病気、虫、草 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。