ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電熱器がなくても夏野菜の苗づくり

今(2013年2月)から振り返ると無謀な試みの、小さなケースでの発酵熱を利用した育苗の失敗記録。

固定種の種をたくさん購入していますが、育苗をどうするかが問題でした。 特に、この時期のナス科の育苗はしたことありませんから。
0213-ボカシ0 
あーあ、作付計画も考えずに買っちゃって…

一般的には電熱器で温度管理をするようですが、1万円以上するのですね…金がないなら知恵を出せと自分に言い聞かせます。

本格的な踏み込み温床が出来るようなビニールハウスはありません。 トンネル資材すら持っていないのですから…。
地面を掘って、米ぬかをまぶした落ち葉を踏みつめて、上からビニールをかぶせた簡易踏み込み温床は発熱しませんでした。
陽だまり育苗にはまだ早いです。
となると、発酵熱の利用が考えられます。こうじ菌、納豆菌と推移させながら発酵させながら2月の寒い時期は乗り切れるかもしれないと期待します。

知識だけではないよ、体験だよ。失敗してもいい、同じ失敗をしなければ。と、取り組むことにしました。


 

まず、好気性発酵のボカシを仕込みます。
今回、材料は米ぬかとモミガラを1:1で使います。容器は発泡スチロールのため酸素供給が不十分かもしれないと思い、隙間の多いモミガラを使っています。 水分ですが、500mlのペットボトルの1/5に焼酎を入れ、残りを水で満たし、霧吹きで拭きながらかき混ぜます。霧吹きを使うと水が底にたまりにくくて良かったです。大量の仕込みには不向きですが…。

焼酎は、ストチュウ用に持っていたのが余っていたので使ってみました。どこかのサイトでボカシの材料として良いとありました。また、嫌気発酵の米ぬかボカシの仕込みで、焼酎+ヨーグルト入りの水を霧吹きで拭いて水分調整したところ、これまで嗅いだことのない完熟トロピカルフルーツの芳香がしたので、好気性発酵だとどうなるか?いう実験です。 なお、嫌気性ボカシは現在も仕込みの真っただ中。2週間を経過した現在、かなりトロピカルな香りは薄くなり、ニオイも変わってきています。
0213-ボカシ2 

500mlを全部吹きかけて、ギュッと握るとこんな感じです。突っつくとくずれます。米ぬかだけだとこんな感じで良いのですが、モミガラ入りで、この水分量で良いかどうかは分かりません。 記憶に頼ると忘れるので記録しておきます。
0213-ボカシ3 

こうじ菌としてハンペンを投入し、フタをしてよく振って混ぜます。これでボカシは仕込みOK。
0213-ボカシ4 
続いて育苗用のポットです。底にはガーゼではなくティッシュを敷いています。 ちゃんとした方の本で書いていた方法ですよ。
0213-ボカシ5 

育苗土は落ち葉の下に出来ていた団粒土を使いました。ちゃんとした育苗土を買った方が品質は間違いないのでしょうが、何でも買うと高くつくので、あるものを使ってみます。
団粒土と一緒にムカデも持ち帰っているので、慎重にポットに移します。9個のポットに土を入れる間に4匹のムカデがいました。近年、ムカデ慣れした自分がいます。
0213-ボカシ6 
簡易ビニール温室にボカシと育苗土を置きます。今後、ボカシの温度を計測します。
上段では種イモの浴光催芽中です。
0213-ボカシ7 
さて、あとはタネの取り扱い。ナス科の発芽には、かなりの温度を要します。ボカシの発酵熱の利用が失敗するかもしれないので、体温での発芽もチャレンジすることにします。これは後日、アップします。

2月19日
温度計を差し込んで、フタを少し開けていたら…当日は少し温度が上がっているのを感じましたが、翌朝はすっかり冷たくなっていました。その後、お湯を入れたペットボトルを入れたりしましたが、温度は上がりません。
衣装ケースでボカシを作ったときは、55℃まで上がったのですが…。見事な失敗です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/14 15:30 ] ├ 育苗 | TB(0) | CM(4)
育苗器
はじめまして
私も自然栽培を夢見て試行錯誤しています。
この時期の育苗(というか発芽)には、電気アンカを使っています。
先日、平らな電気アンカを購入しましたが、1000円程度です。
その上に、ビニル袋にいれたセルトレイを載せてます。
アンカの説明書には50度くらいになると書いていますが、実際使ったところ、布団等を被せていないとそれほど高温にはならず、発芽にちょうど良い温度(計ったことは無いのですが、25~30度くらい?)のようです。
先月末から、キャベツ、ブロッコリ、レタス等を発芽させていますが、だいたい2~4日で完璧に発芽します。
お試しあれ~。
ちなみに、私の居住は福岡県ですが、日本海気候なのでちょっと寒いです。
[ 2012/02/20 19:49 ] [ 編集 ]
Re: 育苗器
よしのん 様

コメントいただき、ありがとうございます。
1,000円くらいの電気アンカですね。それなら何とかなりそうです。問題は、妻が、何コレ?そこまでして野菜を育てたいの?と突っ込むかもしれないことです。
「いいじゃないか。妻だってカメや金魚のためにフィルターをフル稼働させているじゃないか。苗づくりは一時だ!」と反論する予定です。
私は島根県沿岸部なので、福岡よりちょっと寒いくらいですね。
週末は早速、電気店にGOです。


[ 2012/02/21 05:26 ] [ 編集 ]
電気アンカ
[ 2012/02/24 12:31 ] [ 編集 ]
Re: 電気アンカ
よしのん さま

ありがとうございます。
ひょっとしたら不用品がないか、実家を含めて探してみます。

昔つかっていたものがあるような気がします。
[ 2012/02/24 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。