ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の間の落ち葉マルチ

 まだまだ雪が降り、寒い日が続きます。
0212-週間天気 
それでも畑では、近付きつつある春の気配を感じることができました。

畑では土ごと発酵を試みていて、畝の上にハンペンと落ち葉を乗せて、こんな感じですが、
0212-レーキ

レーキで落ち葉をどかしてみると-
0212-芽生え
何かの草の芽ですね。春の気配を感じて地表に芽を出しています。

0212-こうじ菌
こうじ菌と思いますが、いい感じで頑張ってくれています。さて…この後どうしたら良いのか…。
納豆菌が活動するには気温が低いし…。

0212-ミミズ
米ぬかをエサにして、小さなミミズも育っていました。

0212-細根
とても小さな草の毛根が、すごく密に育っていました。ここは落ち葉ではなく、ハコベが繁茂して土を覆っていた場所です。土を裸にしている場所で、こんな密な根は見たことがありません。ハコベ様に感謝。
野菜の根もこんな感じで育ってくれれば…かなり期待できます。


同じように管理しているつもりでも、こうじ菌が多い場所、ミミズが目立つ場所、毛根が目立つ場所など様々です。
気付けば様々なことが見えてくるのでしょうね。まだまだ観察眼が足りません。知らないということ=知ることができるということが、楽しく思えることもあります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/14 05:56 ] ├ 育土 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。