ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年 海藻収集カウンター

2014年の海藻収集です。
随時、記録を追加します。

2014年海藻集め

2月
T井港
2月1日に用事のついでに寄ってみたら、砂浜に海藻が点々と打ち上げられていました。拾って、車に積んでいたモミガラ用の厚手のビニール袋に入れていると、地元の方が声をかけてきます。ラッキー!
・この辺りでは、海藻を畑に入れる人もいる。海藻は畑にとても良いらしい。
3月から4月にかけて海が荒れた翌日は山になるくらいすごい量のワカメ、ボベなどの海藻が打ち上げられて、軽トラックで積んで帰る人もいる。
・たくさん打ち上げられる場所は、海の地形の影響もあるのか、決まっている。その辺りと、遠くに見える岩場付近。
・拾ったワカメは洗って、パリパリに乾燥させた後に暗い場所に保管し、好きな時に食べる。
・この辺りはワカメなど海藻をとることについて、口うるさく言うことはない。
K浜
2月17日、仕事帰りに行ってみました。打ち上げられたものはわずかでしたが、浅場で岩場交じりの浜には海藻がかなり繁茂しており、海中に手を突っ込んだり、岩の表面にひっついている海藻を採取できました。
140218海藻
ここは写真のように、沖側の岩が防波堤の役割を果たしてくれており、波が高い日でも岸ではほとんど影響はありません。このため安心して、水深10~20cmの場所に繁茂した海藻を取れます。仕事帰りに寄って30~40分で写真のようにモミガラ用の袋に2袋。昨年の2月は、港内の発泡スチロールまみれの海藻をとっていましたが、この浜ではキレイな海藻がたくさん取れそうですし、格段に効率が良いです。駐車場も近いし、さらに、秋イカの竿抜けポイントでもありそうで、良い場所を見付けました。
地元の人に聴くと、昔は畑に入れるため取っていた人もいたが、今はいない。海藻を取ることについて特に権利はなく、とっても構わないとのこと。例年なら、もう海藻が打ち上げられているはず…と。今年も海がおかしいようです。

長靴をはいて海に入る範囲で取れる海藻をだいたい取った後に思いました。あの、浅瀬に見える大量の海藻は何とかならんだろうか、と。
そこで胴長をはいて股下まで海水につかりながら海藻を取るようになりました。コンテナも持ち込んで、取った海藻を入れて、一杯になると浜に上がって海水を切ってビニール袋に入れる…。
犬の散歩コースになっているらしく、地元の方に声をかけられたり声をかけることがありましたが、「畑に入れる海藻をとっている」と言うと皆、納得されます。こんなところからも昔は海藻肥料は当たり前のことだったとうかがえます。
帰り際に浜に海藻を上げておき、次に来たときには水気が減った軽い海藻を持ち帰るという良循環を作るようにしています。
いつもの地磯
アオリイカ釣りで9月中の好ポイント、通称、いつもの地磯。釣りシーズンは、ものすごく海藻が繁茂しているので2月21日に行ってみました。
140221いつもの地磯
全く海藻がありません。そう言えばここは日陰になることが多いです。寒い時期の海藻は、水深が浅く、日当たりが良い場所に多いよう。

A港
K浜の先にあるA港。3月1日に行ってみました。予想に反して港内には海藻は繁茂していませんでしたが、外にある遠浅の浜は、
140301A港
すごい量の藻が塩に揺れていました。

海藻の中には
140301海藻の中
カニやヤドカリ、甲殻類がいました。アメフラシがいたこともあります。

持ち帰った海藻

海藻は、
140221海藻干し
長期間継続して海藻を畑に入れることができるよう、天日干しして完全に乾燥させてから雨が当たらない場所に保管したり、
140221海藻
直接畝に敷いています。

道路からの様子です。
140225畑
どの口が「景観に配慮」って言ったのやら。雨の後は磯の香りが漂います。人によっては「臭い」と思うでしょう。気温が上がる時期や、民家で窓を開ける時期には気をつけないと。

2月中に、畝のほとんどに海藻を敷きました。
140301海藻
①ニンニクの畝
②麦の条間
③畝尻
④休閑畝

実験として比較対象の場所及びジャガイモ畝の北半分をのぞき、ほぼ、海藻を敷きました。
今後は乾燥させた保管用の海藻を確保したい。
そこで、ジャガイモのトンネル栽培のトンネル内に海藻を敷いて、雨に濡れないようにしました。
140301ハウスで乾かす

モミガラ用の袋でカウント

2月
1日 1袋
17日 1袋
18日 2袋
19日 2袋 帰宅して、夜の畑に海藻を持ち込み広げる…不審人物。
21日 1袋
24日 3袋 とうとう胴長をはいて股の下まで海に浸かりながら海藻を採取。
25日 2袋
28日 3袋 この時点で、敢えて海藻を敷かないA10畝と秋ジャガイモ畝北半分以外は、ほぼ海藻敷きつめ終了。
3月
1日 2袋  
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。