ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年 クロタラリアとセスバニア

夏緑肥、マメ科のクロタラリアとセスバニア。
昨年度のセスバニアは壊滅。クロタラリアは繁りましたが採種出来ませんでした。
何がいけないのか?とりあえず今年は複数の畝に分けることとして、D区画(ジャガイモ用)のうち数ヵ所に分けてまきました。
種は一昨年購入した古種です。

さて、8月4日の様子です。
130804クロタラリア
クロタラリアはこのように順調に育っています。

セスバニアはどこかな…?130804セスバニア
今年もダメダメでした。
昨年は、割と水はけが悪く、肥えていない畝でセスバニアは壊滅しました。
今年は、粘土質なのは昨年と同様ですが、水はけはあまり悪くない。肥えていないのも昨年同様。
クロタラリアと同時期に播いたのに、セスバニアは育ちがとても悪い。
その後、消滅してしまいました。

12月。クロタラリアの実はつきましたが、昨年同様、種はスカスカだったり小さい。
131201クロタラリア
なお、今期、クロタラリアの自然生えはありませんでした。どうやらクロタラリアの採種は諦めた方が良さそうです。


根粒菌
マメ科のクロタラリアには根粒菌による窒素固定を期待しましたが、
131206クロタラリア 根粒菌
イマイチです。根粒菌にも種類があって、そこに適切な根粒菌がいなければつかないようです。そのため、その根粒菌と種がセットで売られている場合もあるようです。

耕盤破壊
太い根による心土の破壊も期待しましたが、
131206クロタラリア
こちらもダメです。

1,500円程度のクロタラリアの種を隔年で買い続けるべきか。
クロタラリアを使わない畝のまわし方をするか。

どうしてもローテーションに組み入れたい緑肥ってわけじゃありません。
夏緑肥でいえば、採種可能なヒマワリやトウモロコシだったり、種が安いソルゴーでも良い。マメ科作物を植えたいなら、早生や晩生のエダマメでも良い。
クロタラリアを使って耕盤層の破壊を積極的にしなくてはいけないほど排水性が悪い休耕田でもないし。

ということで、クロタラリアとセスバニアの種を買うことは、しばらくの間はなさそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/04 21:13 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。