ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャガイモ とても遅く収穫

なかなか地上部が枯れなかったタワラムラサキとグランドペチカです。8月になって収穫したらどんなだったかを記録しまいた。

ジャガイモの収穫では、地上部が完全に枯れてから収穫するという考え方があります。これは、①葉っぱの養分がジャガイモの転流されている間はジャガイモを収穫せず肥大させる、②完全に枯れた方が効休眠期間が長くなる、という目的です。
さらに、地上部が完全に枯れた後で少し放置すると、未熟なイモは腐るので、収穫後に腐るイモが少なくなるそうです。

1週間の雨交じり。市内の場所によっては記録的大雨で、NHK全国ニュースでも取り上げられたくらいでしたが、幸い、この辺りは水害はありませんでした。
ようやく、タワラムラサキもグラウンドペチカも枯れました。
130803ジャガイモ1

さあ収穫と思ったら、
130803ジャガイモ2
カメムシだらけです。種イモが病気になる~。収穫が遅くなると、こんなことになるようです。

肝心の大きさは、
130803ジャガイモ収穫
タワラムラサキは、これまでの収穫の中で最大です。大きなイモがゴロゴロとれました。施用したのは元肥の米ぬか半ボカシだけ。
昨年は小さくて、種イモの確保すら困ったのに。今年は同じ場所でこの大きさ。自家採種でイモが土地に慣れてきたのか、肥料のおかげなのか分かりませんが、ともかく、タワラムラサキもグラウンドペチカも粘土質の畑向きのようです。

収穫がとても遅くなると虫に食われると聞いていましたが、
130803ジャガイモ虫くい
そんなイモも多かったです。中にコガネムシが入っているイモもありました。
これって種イモとして使えるかな。

休眠が長くなり、秋作ではなく、来春の種イモにすることを期待していましたが、
130803ジャガイモ発芽
グランドペチカには発芽しているものもありました。

机上の論どおりにはいかないものです。

あ…紫と白のまだら模様のタワラムラサキ。紫と黒のまだら模様のグランドペチカ。収穫時は一目で分かりますが、乾燥すると土の白さで分からなくなります。これらが混ざってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/05 06:09 ] ├ ジャガイモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。