ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年エダマメ収穫

食卓を飾る程度にはエダマメを収穫することができましたが…。さっぱり分かりません。
ここまでを振り返ります。
1坪畑のエダマメ
庭のうち1坪を畑にした、私の家庭菜園の原点となった1坪畑。ここは生ゴミ捨て場にしていて、穴を掘って生ゴミを入れて、一杯になっては埋めて、他の場所に穴を掘る-を繰り返してきたところ、常にミミズが大量に発生しています。(肉、魚を捨てると猫や狸が来るので、植物性の生ゴミと卵のカラしか捨てていません)
未熟有機物の分解の悪影響による被害を懸念していましたが、問題なくエダマメは育ち、茎葉はかなり繁っていて、他の方の畑やブログなどで見るのと遜色ありません。
130703 1坪畑エダマメ
株ごと収穫、といきたいのですが、各株の膨れたサヤを収穫です。実付きがイマイチなツルぼけ気味な株もあります。
管理
食卓の私の席から見える場所にある1坪畑です。気になればちょっと庭に出て、土寄せもきちんとしました。花が咲いて以降、ジョウロで水やりしましたが、今年は開花期に雨が多かったので、あまり手間になりませんでした。追肥はしていません。
有機物マルチはしていませんが時々、生ゴミでマルチをしています。

畑のエダマメ
エダマメ単独の畝ではなく、トマトやナスのコンパニオンプランツとしているエダマメです。昨年、一昨年同様の、ほぼ壊滅を覚悟した畑のエダマメですが、
130706 エダマメ
数打てば当たるってところです。収穫できそうな株が幾らかありますが、緑肥にしかならない株もあります。
こちらは1坪畑と比べて茎葉の繁り方は悪く、今年もダメかな~と思っていたのですが、殊のほか、みっしりとサヤがついて、肥大した株もありました。
管理
有機物マルチをしていると土寄せが面倒になります。マルチをどけて、土を寄せて、またマルチ…。それでも1回、子葉を隠す程度に土寄せしました。本当はもう1回くらいしないと。
水やりは、6月上旬の晴天続きの時に、やった程度。昨年はかなり頻繁に水やりをしましたが、今年は開花期以降の雨に恵まれました。
追肥は、ナスやトマトの追肥としての米ぬかボカシや刈り敷き後の米ぬかのお裾分けってところです。

振り返り
根粒菌
写真の枠内のとおり、根粒菌がびっしりとついています。びっしりとついているのは根の浅い場所で、下の方(写真では右側)には根粒菌がついていません。根粒菌はとても酸素を好むということがよく分かりました。
根粒菌ってよく働くようですが、根粒菌によって環境が悪くなるとエダマメにとって負担になるので、表面10cmくらいはかろうじて通気性が良い、この畑の土に燻炭を入れて、もう少し深くまで通気性を確保しないと多収は望めません。

ナメクジ対策
この畑でエダマメを栽培するに当たり、最大の阻害要因となるナメクジですが、7月になって、初生葉が開いたところで定植した晩生のエダマメは
130706 晩生エダマメ
海藻もコーヒーもビールもしていませんが、今のところ被害はありません。対策と言えば、30cmくらいの高畝にして、裸地にしているくらいです。隣の畝(エダマメ)で、土に悪影響を及ぼさないようプラスチックカップに入れたナメクジ誘殺薬を設置したことも影響しているかもしれません。
もう少し様子を見る必要がありますが、もし、ナメクジ被害がないなら、ムリに早生のエダマメを栽培する必要はないかもしれません。

害虫
1坪畑では、ほとんど虫害はありませんでした。畑では写真のとおり結構喰われています。コガネムシを最近よく見ますが、昨年のように多くのカメムシが発生することはありませんでした。この辺りの原因は全く分かりません。
天候なのか、その他の影響なのか。
今年、畑ではコンパニオンプランツとしてマリーゴールド(アフリカントール)を植えています。あの強烈なにおいが何か影響しているのかもしれませんし、全く関係ないのかもしれません。アフリカントールを植えていないキュウリの畝のエダマメの実付きが悪かったことは、単に土の良し悪しかもしれません。

こうやって苦労して収穫したエダマメ。130706 エダマメ食べる
蒸していただきます。子供たちもエダマメが大好きなので、カサゴのホッペのように食べつくされることを恐れたのですが、冷凍エダマメに慣れた子供たちは「ぬるいエダマメは嫌い」とか言っており、競合することはありませんでした。
美味しいのは美味しいのですが…もっと美味しいことを期待していたので、ちょっとハズレました。
品種かな。栽培が悪かったのかな。味覚が悪いのか。
これはこれで、来年は別の品種を栽培するという楽しみが増えました。
7月13日追記。1坪畑で大きなエダマメが収穫真っ最中。美味い。他にも美味い品種があると思うと、頑張る気になります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/07 07:53 ] ├ エダマメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。