ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モグラについて

モグラ被害が気になることがあります。

カチコチになった表土に何を播いてもうまくいきそうにないので、表面20cmくらいを備中鍬で耕す時。
ヨモギの根を徹底的に駆除するために畝を掘る時。
ジャガイモの土寄せや収穫時。
土寄せのとき。

モグラのトンネルが目立つように思えます。昨年もひどかったと思いますが、今年になって、特に気になってきたのかもしれません。ちょっと、モグラについて調べました。

モグラについて

モグラの生態
人間の1日=モグラの3日
モグラは1日に3回くらいの周期で活動します。各周期の半分の時間でトンネルを移動しながらエサを探し、残り半分は睡眠時間。寿命は3,4年。
モグラの巣
モグラは巣をつくるそうです。ちょっとした空間に落ち葉を運び、敷きつめて、そこで休むそうです。
光に弱い?
モグラは太陽光を浴びると弱ったり死ぬ、とどこかで聞いたことがあったような気もしますが、そんなことはないそうです。
モグラの移動
前にも後ろにも移動できます。後ろへの移動は前とほぼ同じ速度。それができるよう、モグラの毛は体に対して垂直に生えています。
縄張り
モグラは縄張り意識が強く、縄張り争いで死ぬこともあるようです。このため、同時期に複数のモグラが同じトンネルを利用することはないそうです。縄張りは200㎡から400㎡くらいで、エサの量によって異なるようです。
ところが、ある場所でモグラを捕まえて、その数日後に同じ場所でモグラが捕まることもあるようなので、どうやらモグラは縄張りの主がいなくなったことを敏感に察知するのか、あるいはトンネルを共有(または侵入)していることもあるようです。領有権を主張して、双方が出入りしているトンネルがあるのかもしれません。
モグラの繁殖
毎年春にメスは子供3~6匹生み、子供は生長するまで母親に保護されるものの、子供がひとりだち出来る頃に、母モグラは子を縄張りから追い出します。この時、地上を移動することが多く、ネコ、犬、カラスなどに襲われて死ぬことが多いようです。
ニオイと警戒心
モグラ捕獲道具には「モグラが警戒するので素手で触らないでください。」などの記載があるようですが、あまり関係ないようです。

モグラと菜園
畑に仇をなす
モグラがトンネルを掘ると、根が乾燥して枯れたり、ニンジンやダイコンが岐又になったりするなどの被害があります。植えて鎮圧したばかりの苗が浮いたり、播いた種が地表に出て乾燥したり鳥に食べられるという害もあります。
誤解
モグラに野菜を齧られたっ!と言われる方が、私の身近にもいましたが、モグラは完全肉食家。ミミズ、コガネムシの幼虫、ヨトウムシなどを食べます。野菜が齧られているなら、それはモグラの穴を使ったネズミなどの仕業です。
益獣としてのモグラ
ミミズやカブトムシの幼虫を食べるのは勘弁してもらいたいですが、コガネムシの幼虫、ヨトウムシの幼虫などの害虫も食べます。これらの害虫が異常発生しても、モグラがコントロールしてくれるそうです。
果たして、モグラがいなくなると、どの程度これらの害虫が増えるのか興味があります。

モグラの捕獲

さて、自然栽培家を標榜するからには、モグラにも何らかの役割があると考えて捕獲すべきではないのでしょう。
モグラがいなくなったら、それはそれで別の被害が生じるかもしれませんが、モグラを捕まえる技術を身につけるのも悪くない。どうやったら捕まえられるのか、どうやったらダメなのか。ちょっとワクワクします。
モグラを捕まえることで害虫被害が増えるとしても一時のこと。しばらくして、別のモグラがやってくると思いますので、捕獲にチャレンジすることにして、捕獲方法を調べてみました。

生活道を探すことが最優先
トンネルの種類
モグラの穴は、「①巣へと続く、深くにあるトンネル」と「②よく使う生活道」と「③エサを探すためのトンネル。1回しか使わないこともある」の3タイプあるようです。①は探すのが難しい、③は罠を仕掛けても非効率的。②を探すことが効率良くモグラを捕まえるポイントです。先述のとおり、モグラは1日3周期。②を見付ければ極論ですが、1日3回、捕獲のチャンスがあるということ。
生活道の探し方
地表でトンネルを見付け、潰し、それが復旧されているか確認する方法もあるようです。このとき、見付けたトンネルを潰した上に板を乗せておき、板の下でトンネルが復旧されていたら生活道の可能性が高い、という見付け方もあります。
こんな面倒な方法ではなく、トンネルの壁面を観察するという方法もあります。生活道はモグラの毛で磨かれてツルツルの硬い壁面になっていますが、あまり使わないトンネルは簡単に崩れる。納得です。

捕獲(退治)の方法
捕獲道具
ホームセンターでは色々な捕獲道具を売っています。筒状になっていて、中に入ると後戻りできないもの。挟んで殺すもの等々。どんな捕獲道具でも生活道に仕掛けることができれば、捕まえることが出来そうです。
が、”モグ落下”という商品(サイトはこちら)だけは、私としてはあり得ない捕獲道具です。モグラの入口が一方向しかありません。コレ、反対方向からモグラが来たらどうするのか。2個セットで使えということなんでしょうかね?
棒を地面に刺してセンサーにする
地表面近くにある、地面がボコボコ盛り上がっているようなトンネルに棒を突き刺していきます。モグラは生活道なら、多少障害物があっても突き進みますので、モグラが通ると棒が動く。そこを捕まえる、そういう生け捕りの方法もあります。
人間の通り道にあるトンネルを探す
畝間など人が踏み固める場所は土が硬くモグラにとってトンネルを掘りにくいので、このような場所にあるトンネルをモグラは大切に使うようです。このような場所でトンネルを見付けたら、生活道の可能性が高くシメタもの。潰しておいて、翌日、復旧しているか確認します。復旧していたら生活道と思われます。再び潰しておいて、あとは明るい時間に待ち伏せます。
モグラがトンネルを復旧しているのを見付けたら、しばらく見ながらトンネルの位置とモグラの進行方向を把握し、土がモコモコしている時にダッシュで近付き、モグラの後方のトンネルにスコップをさして逃げ道を塞ぐ。これで生け捕り可能とか。
チューインガム
子供が好んで食べる、安い小さなチューインガムをモグラの穴に入れておくと、モグラが食べてお腹で詰まって死ぬそうです。

忌避道具
ハイテク機器?な打撃音、超音波等やローテクなペットボトル風車、松の枝、空き缶、伝承的なヒガンバナなど、モグラを菜園から遠ざける道具などありますが、効果はほとんどないと聞いています。仮に効果があったとしても打撃音や超音波が届かない場所から侵入される。風車に効果があったとしても、風車が回っていないときや別ルートから侵入される。松の枝などの障害物に効果があったとしても迂回路を作られる。ヒガンバナが植わっている畦もモグラにボコボコにされるとか。

数坪程度の畑ならともかく、60坪ある私の借りている畑でこれら忌避の方法を採用すべきとは思えません。畑全体からモグラを追い出すためにはどれだけの投資が必要になるかか。
空き缶を10cm間隔でずら~っと並べた畑を見たこともあります。お隣さんもかなりの空き缶を設置しまくっていますが、効果は「分からない」とおっしゃっています。

捕獲に挑戦っ!

モグラ捕獲にチャレンジしました。”お金をかけずに”が基本原則。研究者のように生け捕りにして飼育するってこともないので、「生死を問わず捕獲」です。
筒系の罠は素人が作ることは困難。というのも、後ずさりして逃げることが出来ないように加工できないからです。
手っ取り早いのは落とし穴トラップ。うん、これだっ。と、採用したのはこの2つ。
130627モグラトラップ
左はペットボトルに穴を開けたものです。口からのぞいてモグラがかかっているか確認できそうです。
右はプラスチックのバケツ。蓋として育苗トレーを使います。育苗トレーには釣り針に刺したミミズをぶら下げて、ニオイでも誘おうとしました。が、写真のように雨がたまって失敗。梅雨時の落とし穴は、雨水が抜けるようにしなくてはいけません…。お金がかからない、何か良い道具はないかな…。あ、畦のミントを植木鉢に移しておかないと、畑に侵入されると嫌だな…植木鉢…!。
閃きました。これなら雨水が抜けます。この小さな穴からモグラが逃げることもない、と思います。(もし逃げても穴が残るので分かります。)

ちょうどこの頃、モグラについて勉強しました。踏み固められた通路に出来ていたトンネルを見付け、一度踏みつぶしたところ、翌日には復旧されていたので、生活道かもしれないと思い、植木鉢を設置っ。
130627植木鉢トラップ
この時、植木鉢とトンネルの間は段差にならず、ゆるやかな下り坂になるようにしました。モグラだって、いきなり足元の地面がなくなれば警戒するでしょう。

残念ながら捕獲失敗でした。いとも簡単に落とし穴で捕まえたという報告を見たこともありますが、上手くいきませんでした。落とし穴をたくさん設置しても、捕獲できるのはわずか、という報告もみたことがあるので、最初はそんなものかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 05:53 ] ├ 病気、虫、草 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。