ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やってみた!扇風機脱穀

私の脱穀の試行錯誤は、この記事から始まります。
もし、千歯扱ぎを入手できなければ、六条大麦は扇風機の傘で脱穀しようと考えていました。実用に耐え得るのか?扇風機脱穀。ちょうど、扇風機が壊れたので、傘で脱穀をしてみました。

扇風機脱穀機は千歯扱ぎのように大きくなく、保管場所で困ることはないのが大きな特徴です。また、千歯扱ぎで脱穀する場合はブルーシートを敷く必要がありますが、扇風機脱穀なら、
130603扇風機
プラスチックのタライで大丈夫。お手軽です。

さて、今回、脱穀するのは六条大麦ではなくのらぼう菜です。
茎の方から傘の隙間に入れて、
130603扇風機2

えいっと引っ張ると、
130603扇風機3
ほ~ら、サヤごと簡単に取れました。パチパチパチパチ~。

…手でしごいて取った方が速かったんです。
浅はかな思いつき、と断定するのも早く、ソルゴーのように硬くて手で取りにくかったり、六条大麦のように手でやるとチクチクするものでは使えるかもしれません。
捨てずに、この1年間、こっそり隠して保管しておくことにします。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。