ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年 黄もちトウモロコシの栽培

2013年の黄もちトウモロコシの栽培。

元肥
米ぬか
トウモロコシ栽培で無肥料あるいは減肥料はキビシイと思います。昨年は米ぬかボカシを追肥しましたが、今年は元肥として米ぬかを施します。
溝畝を立てて、米ぬかを溝に入れて、ざっくりと掘りながらかき混ぜました。130303トウモロコシ畝
昨年は4畝で栽培しましたが、収穫できたのは実質的に2畝のみ。残り2畝は育苗が悪かったためか、あまり育ちませんでした。ことしは3畝、全て成功させる意気込みです。
海藻
溝底と溝底の間に海藻を置き、軽く土をまぶしておきます。こうすると、トウモロコシの土寄せの時に追肥となってくれます。全てのトウモロコシで海藻を施肥するのは面白くないので、北側半分だけ海藻施肥を用意します。
その他条件
この畝は土が育っていない上に、ヨモギが侵入してきているので、耕起しながら根っこを取り除きました。このように、不耕起ではなく耕起です。

食用トウモロコシ

昨年春に購入した種の残りを丁度使い切りました。昨年自家採種した種は、もう少し暖かくなって直播することにします。
ポットでの育苗
3月14日 播種
トウモロコシは直根性のため育苗には適さないとはいうものの、早期定植を狙うなら加温の必要があり、私の場合は育苗が必要となります。昨年はセルトレイで育苗しましたが、今年はセルトレイよりも深く根に及ぼすダメージが少なさそうという理由でポットを使います。育苗土節約のため、大きさは7.5cmにしました。
底に炭を入れて、畑の畝間で作っていた1年ものの腐葉土を入れます。
130310トウモロコシ用意

1つのポットに3~4粒播種します。中央の種は、出来るだけ大きく形が良いものを植えました。
昨年までは1粒播きでしたが、トウモロコシは競争しながら生長するようです。(1粒播きと複数播きの比較は、今後、緑肥としてのトウモロコシ栽培で実験します。)
その後、底から水が少し出るくらい水をかけ、乾燥しないよう新聞紙を乗せて、夏野菜育苗用の電気毛布でくるみ、寒いので最高温度にします
130314 トウモロコシ播種
2日目。最高温度でくるんだのでは熱過ぎるかもしれないと思いなおします。電気毛布でくるんだのは1日目だけで、2日目からは電気毛布をかけるだけにしました。乾燥防止用の新聞紙は引き続き電気毛布とポットの間に挟みましたが、あまり効果がないように思えます。過湿にならないよう水をまきます。
3月19日 発芽
朝、ビニール温室から取り出したところ、既に2割程度のポットから発芽していました。光合成ができておらず白い芽です。急いで太陽光の下に置きます。その後、電気毛布をかけるのではなく敷くようにしました。
130319 トウモロコシ発芽
1つのポットに3粒以上播種しているので、少しの失敗は挽回可能です。
3月27日 定植
さすがはイネ科。生長が早いです。既に根っこがまわっています。
130327 定植
朝、既に農作業ができるほど明るいです。6時過ぎから30分程度かけて定植しました。株間30cmです。
球根用の穴開け器を利用します。セルトレイでの育苗だと穴が大きいので定植が面倒ですが、ポットだと穴にすっぽり入れることが出来て楽でした。
130327トウモロコシ定植
この後、小雨という天気予報をにらんでの作業でした。
もう少し暖かくなれば、自家採種した種を直播する予定です。
4月9日
定植後、霜が降ったり強風が吹いたりしましたが、溝畝が崩れ、埋まった苗もありました。また、葉っぱが傷んだ苗もありました。
130409 トウモロコシ 苗埋まる
全滅した場所もあったので、種を播きなおします。この土質だと溝畝は少し広めにするか、鎮圧して一気に崩れないようにしないといけませんでした。

緑肥用トウモロコシ

昨年度に自家採種した黄もちトウモロコシです。
播種
4月9日
ぜいたくに条播きです。
130409 トウモロコシ条播き
この後、軽く覆土をし、保温と鳥害防止のため不織布をベタがけしました。
4月21日
発芽を確認しました。不織布を取り除きます。
130421トウモロコシ発芽

第2期
4月21日
ライ麦がトウモロコシやジャガイモに日陰を作るので一気に刈り取り、刈り取った後にトウモロコシの種を筋播きし、クワで軽く耕しながら種を地中に入れました。
130422 トウモロコシ播種
肥料成分を補うため、刈った麦の上から米ぬかを散布しています。この程度では不足していると思いますが、米ぬかも不足しているのです。
この後、このトウモロコシはカラスに権兵衛されていました。草マルチでのカモフラージュはダメだったです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/14 05:59 ] ├ トウモロコシ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。