ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年 海藻肥料

昨年、試験的に小規模に取り組んだ海藻肥料。今年は、通勤途中に港に通って海藻を採取しています。
海藻肥料の活用状況についての記録。

2013年海藻肥料

採取
冬の間に繁茂していく海藻。採取の目安は3月以降みたい。4月になったら、港内でも藻がたくさん漂うようになります。

港によっても繁茂の状況は違うし、浚渫をしていて海藻にヘドロのような砂がついている港もあります。
昨年は竹の棒を使っていましたが、今年はホーで海藻を引っかけて切れ藻を引き上げています。
130228海藻

切れ藻のたまっている場所には発泡スチロールの破片も集まっていて、海藻に引っかかっていることも多い。
130305発泡スチロール入り海藻
そんな時は海藻をホーで深く沈めると、発泡スチロールだけが浮きます。
そうやって、出来るだけキレイにした海藻をコンテナボックスに入れて持ち帰ります。

各港をまわって、3月上旬、最も期待が大きいのは、最も小さなT港。
130305T港海藻
一面海藻。ただし、切れていない。これが切れて流れると、相当有望。鎌で刈ることまでは考えていません。
地元漁師さんの一言
3月4日。K松港で海藻を採取していると、漁師さんが近付いてきました。多分、不審な人間だと思われていると思い、こちらから「海藻をとってます。良いですか?畑に入れます。」と聞いたところ、「昔は請けて採っていたけど、最近はほとんどないな。良いとも悪いとも言えんが、黙っておこう。」と黙認していただきました。この後、漁師さんは打ち上げられていた大量の藻を置き去ってくださいました。
この地方では、昔の農家は漁師さんにお金を払ってまで海藻を採っていたことが分かりました。
別の港では、貝の不法採取と間違われそうになりました。注意が必要です。

畑での保管
とりあえず畑に持っていき積んでおきます。
130303海藻保管
積んだときに土をかけて、分解を促している場所もあります。
雨にさらすべきか、さらした後で屋根がある場所に置いて乾燥させるべきか迷っていますが、雨ざらしにしていました。
そうすると、水はけが悪かったり、日当たりが悪かったりして乾燥せず、いつも濡れている場所の海藻は腐敗します。
130409 海藻 腐る

生で使う場合は通気性に気を付ける必要があります。または、一度乾かして、砕いて使うのが良いようです。
130409 海藻干す
晴れた日に1日干せば、かなり乾くのですが、意外と粉砕が難しい。手では無理です。

海藻に隠れていた甲殻類もとれています。
130412 海藻に甲殻類
これも肥料になると思います。

5月にもなると、岸に近い場所で海藻が繁茂し、波が穏やかなら手で海藻を採ることができます。
多分、6月、藻が切れる時期になると、砂浜に大量の藻が打ち上げられて、乾燥して軽くなった海藻を手軽に持ち帰ることができると思います。

施肥
基本方針
目論見としては、出来るだけ早く、少しずつ畑に入れていき、作付時には海藻が分解されているようにしたいと思います。その上で、トマトやナス、サツマイモなど、塩分に強いらしい野菜を植えるときには海藻を追加していきたいと思います。ただし、少なすぎず、施し過ぎずが目標。(適量は分かりません)
海藻を触ると、見た目からは想像できないほどベタベタします。この粘質多糖類は、団粒の生成に影響を及ぼさないわけがないと考えています。
具体的な使い方
分解されやすいように土と撹拌して土をまぶし、その後薄く広げて少しだけ土を乗せて通気性を保つようにしたり、少量を土にすき込んでいます。
130303海藻施肥
3月9日現在、サツマイモ、サトイモ&ショウガ、ジャガイモ、夏野菜等、借りている畑のほぼ半分の畝に海藻を施用しました。
昨年は道路にいても海藻の匂いがした記憶がありますが、今年はあまり匂いません。気温の関係なのか、土をまぶしていることが影響しているのか。

畑の状況、変化
ミミズ
海藻をどかすと、そこにミミズがいました。塩分の影響を気にしましたが、関係ないようです。それどころか適度な湿気が保たれているためか、海藻のある場所にはミミズが多いような気がします。
海藻の中にミミズが潜りこんでいたりもします。
130412 海藻にミミズ

そして、2ヶ月経って5月。暖かくなったこともあり、海藻はかなり分解されているのですが、
130522 タマネギ畝の海藻
ちょっと表土をどかしたらミミズがたくさんいます。ムギマルチをした時も同様にミミズが多いのですが、海藻もすごいです。腐敗を好むシマミミズではないので、ミミズが増えても悪いことはないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
海藻肥料、私も興味がります。

ミネラルの補給にも良いはずですね。
[ 2013/03/25 15:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
百姓でセカンドライフさん

海藻や海水ほど多くの微量元素を含むものはありません。ひょっとしたら野菜を美味しくするための切り札的存在かもしれないと思いつつあります。土も育つということです。

海が近い環境を活かし、今後もこまめに海藻を集めようと思います。
[ 2013/03/25 21:20 ] [ 編集 ]
相互リンクのお願い
「家庭菜園の方法@ナビ」というサイトの運営管理をしております、鮎川と申します。

貴サイトを拝見させていただき、ぜひ相互リンクをお願いさせて頂きたいと思い、
ご連絡させて頂きました。

もしよろしければ私のサイトと相互リンクをしていただけませんでしょうか?

誠に勝手ながら、すでに下記ページに貴サイトへのリンクを掲載させて頂きました。
http://www.k-saien.net/link4.html


当サイトの情報は下記のとおりです。

■サイト名: 家庭菜園の方法@ナビ
■サイトURL: http://www.k-saien.net/
■サイト紹介文: 家庭菜園の方法に関する情報をご紹介
(適当に編集をしていただいてかまいません)
■メール: ay88394@gmail.com


相互リンクをしていただけましたら、お手数をお掛けいたしますが、
ご一報頂けますと大変助かります。

今後ともお付き合いの程、どうぞよろしくお願いいたします。
[ 2013/03/27 13:05 ] [ 編集 ]
Re: 相互リンクのお願い
 鮎川 様

 ご丁寧に連絡いただき、恐縮です。リンクフリーですので、ご自由にリンクしてください。
 相互リンクについては、申し訳ございませんが、ゆっくりと拝見させていただいた後で検討させてください。
(現在、多忙のため、他のサイトやブログを拝見する時間がありません。)

 よろしくお願いします。
[ 2013/03/27 21:34 ] [ 編集 ]
凄い
凄いです。やっと見つけました。
今年から肥料屋に勤めたんですが、海藻肥料に興味を持ちました。
弊社で海藻肥料を扱っています。今後海藻ミネラルの素晴らしさを証明していきます。昔は陸上も海だった。また、拝見します。
[ 2013/06/29 21:12 ] [ 編集 ]
Re: 凄い
 あらっきさん

 おはようございます。
 私のような駆け出しではなく、恐らく、海沿いにお住まいの農家や昭和前半生まれの方に聞けば、
 海藻肥料の効果や使い方を具体的に聞くことができると思います。

 証明、とまでなると時間も手間もかかって大変ですね。
 私の場合、畝ごとに育土の条件が異なり均一ではないので、厳密に実験することはできません。
 興味深い実験結果などが得られたら、教えてください。
[ 2013/06/30 06:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。