ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どこまでやるのDIY

畑のDIYはいろいろあります。私はDIYの素人ですが、お隣さん方は長年畑をしているようで、いろいろなものを作っています。

畑のDIY

トマトの雨よけハウス
通常、セットで売られている資材を購入するのでしょうが、お隣さんは自分で作っています。
130112トマトハウス
このお隣さんは通常栽培なんですが、連作してどうなんでしょう。

物置・物置の屋根の水を引き込んだ水タンク
一方、別のお隣さん。こちらはすごいです。軽トラックで乗りつけて、大量の牛フン堆肥を入れたり、夫婦で畑作業をすることもあって、荒れ地だった場所をみるみる開墾されていきました。
長年、畑もDIYもされているようで、気付いたら、
130112倉庫、水
こんなものが出来ていました。
ドラム缶は新品のようです。買えば万単位の出費×2。畑費用の月額予算が3千円の私は到底真似できません。

トイレ
さらに、いつの間にか
130112トイレ
多分というか、どう見てもトイレです。中の構造を見てみたいような、見たくないような。どうやって排泄物を処理しているんだろう。
ところで、この休耕田の地主さんは、土地の使い方には厳しい方です。イノシシやタヌキよけの波板をしていても、「あれは何。黙って勝手にやって」と言われるほどです。
私は時々、収穫物を持っていって、「堆肥枠を作らせてください」とか「穴を掘ります」など断っているのですが…この、DIY名人のお隣さんがどこの誰なのか、地主さんは知らないようです。
地主さんの、この気持ちを教えてあげるべきなのか、口をはさむべきではないのか。
私のDIY
古畳が欲しいです。最近、近所で数件、家を解体したので、畳をもらっておけば良かった。
何に使うのか?踏込温床の枠としてです。コンパネだって、購入したら1枚880円×5枚。結構な出費です。竹をとってきて杭にして、古畳で枠を作ればガソリン代のみ。
あと1ヶ月で、古畳を用意できるかな~。と思っていたのですが、畳屋さんから、「最近の畳は裏にビニールと発泡スチロールがついていて、分離できない」と聞いて断念しました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/13 06:28 ] └ 畑の道具、DIY | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。