ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

落ち葉の使い方-腐葉土づくり、有機物マルチ、雑草対策など-

広葉樹、針葉樹の落ち葉の使い方について整理した記事。
どこかで記事そのものも整理したい。
前回、落ち葉の集め方について紹介しましたので、今回は落ち葉の使途について紹介します。


【一般的な使い方】
書籍などでも紹介されている、ごく一般的な落ち葉の利用方法です。

堆肥、腐葉土づくり
落ち葉の使途で最も一般的な方法ですね。私も2年前は、畑の隅に落ち葉を集めて、米糠と油粕をまぶして、水をかけて踏んで、切り返しながら堆肥を作っていました。が、この方法は、手間がかかるので止めました。切り返しに要する時間は落ち葉集めにまわしています。 
発酵促進剤を入れると分解が早くなるそうです。比較してみたい気持ちもありますが、私にとっては贅沢品なので使っていません。
今年は竹枠の中に入れて土と米糠をかけて積みっ放しです。コンパネではなく竹で作っているので、温度は上がりにくくても、ある程度は酸素の供給ができると思います。1年経てば、半熟程度には分解されるでしょう。

0122堆肥枠
その後はカブトムシの幼虫を放し、幼虫に分解してもらう予定です。カブトムシの幼虫の糞は、とても良い肥料だそうです。水はけもよくなりそうです。

畝に乗せる(有機物マルチ)
畝を裸地にせず有機物で覆うことで、直射日光や雨から土や微生物を守ることを目的とする、いわゆる有機物マルチです。落ち葉の下にはミミズやダンゴ虫も棲んで団粒化が促進され、落ち葉のすき間にはクモが棲んで害虫を退治してくれます。害虫の棲み家にもなると思います。
 春、地温を上げたい時期には、有機物マルチをどけるなどの管理が必要と考えています。
0122落ち葉マルチ2

畝間に積む
畝間に落ち葉を積み重ねています。これでも畑です。 この上を歩くと、落ち葉の踏み心地が気持ち良いだけではなく、長靴の裏に土がつかないメリットもあります。写真のように、畑から住宅地を歩いて帰るので、歩道を土で汚したくないのです。
0122落ち葉マルチ
昨年は分解を速めるために、この上に軽く土を乗せたところ、目論見どおり1年で土になりましたが、雑草が生えて見苦しくなりました。
今年は、畝間には雑草を生やしたくないので、分解は遅くなりそうですが土を乗せず、落ち葉マルチによる雑草抑制効果を調べます。 米糠はまいて、分解を早めようと思います。
特に、春の植え付け時期に大量の米糠をまいて撹拌することで、地温の上昇を促すことを期待しています。この実験結果は、後日記事にする予定です。

工夫
落ち葉は風で飛びやすいのが難点です。特に冬は季節風が強く、強風の音が聞こえる夜など気が気ではありません。
湿った落ち葉は、米袋に入れるときに踏み固めて落ち葉同士が絡まっていることもあり、風で飛びにくくなっています。
そこで私は、乾いた落ち葉は風の影響を受けにくい畝間に、湿った落ち葉は畝に置くなど、少しでも風の影響を少なくするようにしています。
落ち葉の上に剪定した木や、後述するように針葉樹の葉を乗せることもあります。
0122使い方工夫 

 
【針葉樹の葉】
杉、檜、松等の針葉樹の葉は分解が遅く、腐葉土作りの材料として敬遠されるかもしれませんが、これらの葉は広葉樹の葉と比較して葉と葉がからまりやすかったり、枝がついたままのことが多いため、同じ面積でも重くなります。この特性を活かした使い方ができます。
なお、時間をかければきちんと分解され、良い腐葉土になるそうです。

落ち葉マルチの上に乗せる
広葉樹の葉を畝や畝間に乗せた落ち葉マルチは、強風で飛んでいく場合があります。特に、季節風が強い冬は心配です。
そこで、針葉樹の葉を乗せて、飛ぶのを少しでも防ぐことを狙います。枝付きの葉なら効果が高くなります。
0122針葉樹2 

針葉樹マルチ
畦のカヤなどの雑草対策に困っていたので、昨年、針葉樹の葉と枝だけを畦に分厚く敷きつめめて、雑草対策のマルチにしてみました。広葉樹の葉よりも分解が遅く、効果が長持ちするかもしれないと思ったのです。
上の写真は現在の状況で、カヤは見えません。下は針葉樹マルチをしていない場所です。
0122草マルチ実施場所 
現時点ではそれなりの効果があります。春になったらカヤが伸びてくるかもしれません。
なお、お隣さんが除草剤をまいた場所は、カヤが根絶されていました。よく効いています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。