ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これでも燃え続けているとは-モミガラ燻炭

モミガラ燻炭を作ったときは消火に気を付けなくてはいけないことは、他の方のブログ等で知っていました。
念入りに消火したつもりだったんですが…。
燻炭のその後と、2回目の燻炭焼きについてです。

11月25日。天気予報は晴れ。朝から落ち葉拾いに行くべきか、燻炭作りをすべきか迷っていたが、夜のうちに雨が降ったらしく水たまりがある。濡れた落ち葉を米袋に入れた軽自動車に積むのは嫌なので、燻炭を焼くことにしました。
一昨日焼いた場所の隣に掘った穴で焼きます。何で穴を掘って焼くかというと、いずれ、踏み込み温床づくりに使うつもりのこの場所以外に適当な場所がないからです。

そのうち1m×4m×50cm程度の長方形に掘る予定です。穴で焼いたら二酸化炭素が底にたまって鎮火しないかと心配しましたが、影響はありませんでした。
1125くんたん1

無事に火がついたのを確認。 着火用の松ぼっくり、油分を含んだ葉、薪、焼くためのモミガラは米袋に入れて屋根のある場所に保管していたので、雨の後でもスムーズに焼き始めることが出来ます。
1125くんたん2
待ち時間を利用して作業を行います。
まず、一昨日焼いた燻炭の始末。昨日、十分に水をかけて、幾度もかきまぜて、鎮火したつもりです。手をかざして、温かいところがないことを確認します。これを紙袋などに入れて保管するようですが、自分の性格から考えて、保管したら使わなくなる可能性が高いので、すぐに畑や堆肥に投入します。
となると、モミガラ燻炭の土壌改良効果を確認したくなります。実験区はサトイモ畝とします。サトイモは1シーズンに2畝栽培します。来年から1畝は固定して連作してみる予定です。残る1つは3つの畝でローテーションします。この、連作畝の方に集中的にモミガラ燻炭を入れ続け、土を比較することにします。
1125くんたん3 

この日は、午前中で焼いて鎮火することを意図します。昼食の間、目を離したくありませんから。こういうことで約150リットルしか焼きませんでした。
1125くんたん4
焼きを止めて、一昨日焼いた燻炭を撤去して出来た穴に燻炭を薄く広げてジョウロで散水し、念入りに消火します。
1125くんたん5
7時40分頃から作業を開始して10時30分には作業が終わりました。上出来です。

午後、落ち葉を拾い、16時過ぎに畑に戻ると…畝に投入した燻炭の一部が白い灰になっています。
1125くんたん6
手をかざして熱くなくても部分的に火種が残っていて燃え進んだんですね。断熱性が高いモミガラならではの現象か。何にしても、水での消火は恐ろしいことが分かりました。
(今度の課題)
酸欠で消火するのがベストなんでしょうが、ドラム缶は入手困難です。一斗缶なら幾つ必要になるか。土に埋めるのは後が面倒。どうやら、穴で焼いていることを利用して、トタン板で密閉して消火するのがベストと思われます。
それにしても…火事にならなくて良かったが、恐るべし、燻炭に残る火種でした。
関連記事
スポンサーサイト
No title
今はガソリンスタンドでドラム缶をもらうってできないんですかね?
[ 2012/11/29 23:48 ] [ 編集 ]
Re: No title
 おはようございます。

 ガソリンスタンドに聞いてみたんですが、
 カラのドラム缶があるときもあるって言っていましたが、値段までは聞いていません。
 
 ガソリンスタンドのドラム缶よりも、濃縮ジュースを運搬したドラム缶を産廃業者から
 もらうことができれば、そっちの方が良いかなと思っています。
 これについては、産廃業者には聞いていません。

> 今はガソリンスタンドでドラム缶をもらうってできないんですかね?
[ 2012/11/30 04:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

まとめ【これでも燃え続けてい】
モミガラ燻炭を作ったときは消火に気を付けなくてはいけないことは、他の方のブログ等で知っていました。
[2012/11/26 08:43] まっとめBLOG速報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。