ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

教えて!野口さん-トウモロコシの自家採種-

黄もちトウモロコシを採種したのですが…明らかに粒の形状が違うのです。キセニアというレベルではなく、1本まるまる違う形状の種がついているのですが、どちらも黄もちトウモロコシのはず。
販売元である野口種苗さんに聞きました。

採種まで

鳥獣被害対策
トウモロコシを裸にしていると鳥にやられることがあります
0713-またやられた
これは採種用にします。鳥が食べるってことは充実しているはずだと前向きに解釈しました。
大きくて充実した株にはレジ袋や
0713-レジ袋をかけたり
ネットをかけます。
0713-ネットをかけたり
新聞紙でカバーという方法も教わりましたが、雨や強風の日もあるのでやめました。
7月末。レジ袋の中で水がたまっていたので穴をあけました。種が蒸し殺しになっていなければ良いのですが…。

収穫時期
8月2日。気付いたら1株はほぼ枯れていましたので、皮をむいでみました。
0802-トウモロコシ枯れる
よく充実し、よく乾燥しています。色が違う粒はなく、一見、交雑はなさそうです。あとは、蒸し殺しになっていないか発芽試験をするだけです。
最近、2週間程度、雨が降っていません。雨が降ると、きちんと先端まで皮に包まれたトウモロコシは内部に水が入らないので大丈夫ですが、鳥害などで皮が破れているトウモロコシは内部に水が入り、発芽するそうです。

隣の畝の、まだ青いトウモロコシもむいでみました。
0802-枯れる前のトウモロコシ
…充実も乾燥も不十分。とても同じトウモロコシとは思えません。

収穫後の乾燥
引き続き乾燥させるために、ネットに入れて自転車置き場で吊るします。ジャガイモ、ニンニク、タマネギ、キュウリ、トウモロコシを吊るしていますが、そのうち妻から撤去の指示が出そうです。どこか安住の地を探さないといけません。
0802-トウモロコシを干す

採種以降の選別、発芽試験等

粒の形がバラバラです
続々と黄もちトウモロコシを採種したのですが、0811-黄もちトウモロコシ色々
左下の1本は別として、色も粒の形もあまり揃っていません。

この2本なんて、明らかに違います。どっちも黄もちトウモロコシのはずなんですが…。
0811-どっちが本物? 
ところどころ、交雑した粒があります。トウモロコシの場合、このように種の見た目で交雑が分かるので、このような粒は取り除いています。0811-交雑したらしい

野口種苗さんからのお返事
野口種苗さんに問い合わせていましたが、とても詳しいお返事をいただけました。
概要は次のとおりです。
『(前略)ただでさえ「もちトウモロコシ」に関する文献資料は皆無に近いのですが、それでも昔から栽培されている人が多い「黒もち」「白もち」は、絵袋もありますし、私自身、小さい頃に食べていたので、大体わかります。

ところが、この黄もち」に関しては、写真はおろか伝来も、栽培されている地方も、何もかも不明です。
松本のタネ屋の10年前のカタログに名前だけ載っているのを見つけ、「まだ残っていたら欲しい」と連絡して、送ってもらっているにすぎません。
そのため、袋に表示する情報が何も無く、ただ白い袋に品種名と発芽試験結果を書いただけで、販売しています。

本来の形状がわからないので、交雑によって出たものか、もともとこうしたバラつきがあるものかどうかも不明です。
(ご存知の通りトウモロコシは風媒花ですから、数キロ以内に「甲州」やF1スイートコーンがあれば、開花時の風向き次第で、容易に交雑します)

雄性不稔F1に対する危惧から、今も生き残っている固定種を日本中から4,5百種類やみくもに集めていますので、中には栽培試験すらできていない品種も販売しているのが現状です。』


遺伝子について、私は詳しくないのですが、別の水系のアユを放流したり、他の場所のホタルを放すことは遺伝子の撹拌につながるので良くないし、放されたアユはその川に慣れていないので病気になりやすいと、講演で聞いたことがあります。同じ生き物でも遺伝子が違う。野菜に置き換えたら当たり前ですよね。同じ”トマト”でも様々な品種がある。モモタロウの中でもファイトだとか何やら相当数の名前がある。人間の都合で細分化されていることが、アユでは誰も困らないし、メリットがないので細分化されていないだけ。
その講演では、種の多様性と遺伝子の多様性が生態系の多様性を生むとも言ってました。

今年いただいた黄もちトウモロコシは、来年には食べられないかもしれないんですね。そういえば、野口種苗さんの種には「販売終了」となった品種が多いです。
品種レッドデータってないんでしょうかね?



緑肥栽培を兼ねた発芽試験
採種した種は、すぐに緑肥として播いてみます。トウモロコシはすき込んで土壌改良を期待できるだけではなく、VA菌根菌が多くつくようです。0811-緑肥として播いています
前作、後作の関係はいろいろありますが、VA菌根菌がつくものを連絡すると収量がアップする(場合もある)ようです。また、迷う要素が一つ増えました。

8月11日に播種した、”推定”黄もちトウモロコシは元気に発芽しています。
0817-トウモロコシ
交雑しているかどうかはともかく、採種は成功だったようです。

関連記事
スポンサーサイト
風倍となると厄介ですねぇ。うちもトウモロコシの種を採るには採ったのだけど、F1だったので、実らないだろうと思いつつ。
[ 2012/09/26 14:24 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
さきしなてるりん さん

今、畑で、丈50cm程度になってるんですよ。採った種を播いたのが。
この時期なのでトウモロコシを栽培している人は周囲にはいません。


ん?交雑が嫌なら、購入したトウモロコシをこの時期に栽培する方法もあるんでしょうかね。
実が充実せずにダメなんでしょうかね。

まあ、今栽培しているトウモロコシを最後まで見届けます。
台風が来そうですが(泣)
[ 2012/09/26 21:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。