ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ようやく収穫、秋ナス未満-早生真黒茄子

育苗に失敗して、結果的に4月播種となった早生真黒茄子が、ようやく収穫できました。更新剪定した秋ナスを収穫するのではなく、秋ナス専用に育苗した方が美味しいそうですが、秋ナスとも言えない微妙な収穫時期です。

0811-早生真黒茄子 初収穫
ナスの栽培は育苗と定植に苦労しました。2~3月の各種育苗はことごとく失敗。お天道様の自然の力で育苗できたのは4月でした。しかし、定植後の育ちが悪く、今年、無事に成長している早生真黒茄子はこの1株だけ。それがようやく収穫できました。色、艶ともに申し分ない果実ですが、このような状況も相まって、本当に感謝です。素揚げにしていただきました。
葉の表面の汚れは病気ではなく、米ぬかです。畑にばらまいた時に葉っぱについて、雨もふらないのでそのまま引っ付いています。
ナスの後ろはハブ草、と思っていた、実はエビス草。ナスは、草丈1m程度のエビス草よりも小さいです。肥食いのナスを支えるだけの地力があるとは思えませんし、無肥料のスパルタで失敗しても代わりがないので、ボカシを与えます。
7月21日に保管した兼気性発酵米ぬかボカシが、0811-ボカシが
米袋にいや~な点々が発生しています。が、悪臭ではなく、コーンフレーク(シュガー)のような甘い香りがします。中をのぞくと表面が真っ白になっていました。0811-発酵が進む
発酵が進み、菌がボカシにまわっているようです。
どうやら、この保管方法で失敗ではなかったようで、安心しました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/12 06:33 ] ├ ナス | TB(0) | CM(4)
早生真黒茄子
はじめまして。 初めてコメントします。
私も今年はじめて、同じ茄子を育てました。
小ぶりでしもぶくれ、昔ながらの茄子って感じです。一日おきくらいに収穫できてます。 8/25現在で! o(^▽^)o
[ 2012/08/25 19:55 ] [ 編集 ]
Re: 早生真黒茄子
 畑の猫さん

 コメントありがとうございます。
 うちは、その後の収穫は止まってしまいました。
 土のせい、日照りのせい、自然栽培転換中のせいなど、いろいろと理由というか
 言い訳はあげられますが、
 「言い訳はもういい、行動で示しなさい」と子供への説教がそのままはね返ってきそうです。
[ 2012/08/26 14:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/29 00:10 ] [ 編集 ]
Re: 自然と秋ナス
 内緒さん

 おはようございます。コメントありがとうございます。
 これまで、どれだけ化学肥料に頼っていたか、
 化学肥料がどれだけ養分があるのか
 実感できるような状況が畑で続いています。
 ナスだけではなく、サトイモも悲惨な状況です。
 最近、忙しくてブログの記事をアップできていませんが、
 そのうち、無肥料栽培のサトイモの惨状をアップします。

 そういえば、私、炭循的かもしれませんが、
 炭循の提唱者の方のHPを見て、炭循と呼ばれるのは少し抵抗があります。
 

[ 2012/08/29 05:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。