ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマトの自家採種

初めての自家採種、トマト編です。野口種苗さんで売り切れ必至のアロイトマトを無事に採種しました。

トマトは自家受粉のため交雑の心配はほとんどないそうですが、異なる品種の花が触れ合うような場合は交雑することもあるそうです。アロイ、ポンデローザ、世界一トマトの畝が並んでいて、こんな状況ですが、触れ合っていないので(採種では)大丈夫なようです。0802-トマトの畝 コンパニオンプンランツと自生のアオジソ、草が混ざって、もう、訳が分かりません。

よく熟して、柔らかくなったアロイトマトをビンに入れて、シェイクしてぐちゃぐちゃにして、1日置いて発酵させました。金属製容器はダメだそうです。発酵によって抗生物質が生じ、病気に効果があると言われているそうです。
0810-トマト採種 
発酵後です。泡が出て来ました。発酵が長すぎると発芽するそうです。トマトの種は1~2ヶ月の休眠期間があるそうですが、ここで発芽する理由は分かりません。0811-発酵後
この状態で水洗いして種を分離して乾燥させるそうですが、具体的な方法は「自家採種の手引き」には書かれていないので、0811-アロイ採種 ①ネットに入れました。②水をはったボウルの中で、もむように洗ったところ、実はほとんど流れていき、③皮と種を分離して、④種はネットに入れて日陰で乾かしてみました。
この作業は、皆さんはどうされていますか?
無肥料ではないのですが、微量の米糠ボカシだけで育てたアロイトマトの種です。今後、ポンデローザと世界一も採種する予定です。
関連記事
スポンサーサイト
No title
えーと、アンサーブログ(笑)になるかどうかわかりませんが
upしました
[ 2012/08/13 11:23 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/14 14:10 ] [ 編集 ]
Re: 相互リンクご掲載のお願い
ご連絡いただいた件についてですが、私のブログは家庭菜園に特化したものとしたいので、
トップページではなく、おすすめ関連リンク-厳選!家庭菜園関連ブログのページへのリンクを
設定させていただきましたのでお知らせします。
(メールでのお返事はしておりません)
[ 2012/08/14 20:16 ] [ 編集 ]
No title
レコレコさん

見に行きます。
[ 2012/08/19 06:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。