ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニンジンの移植栽培から学んだこと

タイトルに間違いはありません。ニンジンの「移植栽培」の結果です。

いくら初心者の私でも、ニンジンのような直根性の野菜を移植すると、ニンジンは変な形になることくらいは知っています。
それでも、
・間引きするニンジンがもったいない
・家庭消費なので変な形でも問題ない
という理由で移植栽培を試みました。
3月播きの黒田五寸人参を移植しました。間引いた株は、スコップで地割れをつくるように土をパックリと空け、株を差し込んでスコップを抜いて、ある程度鎮圧するという方法です。
ニンジンの移植先は、主にエダマメの株間です。コンパニオンプランツとして、エダマメ害虫の忌避を目的としました。0708-ニンジン移植栽培1
この畝は、キュウリを中心として、エダマメ、ニンジンを植えています。量で言えば圧倒的に草が多いです。
点線内にニンジン。実線内はニンジンの株元です。移植時にはこのようにごっそりと植えることもありましたし、1本ずつばらして植えることもありました。

この畝は2年目の不耕起畝です。ここには移植したニンジンだけではなく播種したニンジンもあります。
不耕起畝はニンジン栽培に適さないという考え方もあると思いますが、0708-普通の不耕起栽培
全く、そんなことはありませんでした。ま、1本だけなので結論づけるのは早いですが、キレイなニンジンです。

さて、移植したニンジンはというと、0708-移植2
…ひょっとしたら、3寸ニンジンを移植したのかもしれません。

別の畝に移植したニンジンは0708-移植1
形はともかく大きさが問題です。
ニンジンは3葉期の頃に、既に根は30cmあるそうです。移植してストレスを与えることで、その後の生長に悪影響があることは想像していました。
形が歪なものと、少しまともなものに分かれたのは、移植時期による違いかもしれません。根が深いほど移植により歪な形になる。
いずれも小さいのは、根のダメージの回復に時間がかかったからでしょうか。
移植したニンジンは食べていないので、味の比較はできていません。
いつ播いたニンジンを、何葉期に、どのように移植したか記録していなかったので、科学的な結論は出せませんでした。

この実験で学んだのは、
①きちんと記録すること。
②労多くして得るものは少なさそうということ。
間引きしても十分な収穫が得られるだけの種を播くのがベストですね。それはそれとして、好奇心をくすぐる面白い実験でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/08 07:30 ] ├ ニンジン | TB(0) | CM(4)
No title
移植したくなる気持ちよくわかります。移植するとやっぱり駄目ですね。あと、にんじんが枝豆のコンパニオンプランツとは知りませんでした。いろいろ学ばせて頂きました。<(_ _)>
[ 2012/07/08 12:22 ] [ 編集 ]
Re: No title
 kanzuさん

 ニンジンの移植は労多くして実り少なかったです。
 いかにして間引きが少なくなり、それでいて生長が良い込み具合で播くかに労力をかけた方が
 良いなと覆いました。

 移植ニンジンはこの後生長しても、収穫サイズに届くかどうかってとこでしょうね。

 ニンジンの葉のニオイでカメムシの害虫を寄せ付けないと聞いたことがあるんですが、
 効果はよく分かりませんでした。

[ 2012/07/08 17:17 ] [ 編集 ]
No title
興味深い実験をありがとうございます。
参考にさせていただきます!^^
[ 2012/07/10 12:53 ] [ 編集 ]
Re: No title
 hotcarrotさん

 1回のみの結果ですからね。
 繰り返しやってみないと分からないこともあるかもしれません。
 あるいは、収穫時期が遅れて、今後肥大するかもしれませんし。

 何にしても、間引きが少なく、それでいて、ニンジンの特性である隣と触れるとよく育つ、を
 守れるような種播きをしたいです。
[ 2012/07/10 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。