ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライ麦の収穫とその後

ライ麦をを植えていると、年輩の通行人の方から「懐かしいねぇ」と言われたり、「ホタルカゴ作らないの?」と聞かれました。ホタルカゴがどんなものか知りませんが、丁度ホタルの時期です。昔の人たちは、収穫期を迎える麦のワラを色々と加工していたんですね。0610-ライ麦1 ライ麦は2m近い丈があります。通常は晩秋に植えますが、2月に播いたライ麦も1m程度まで育ちます。
ちょっとしたスペースにライ麦を植えておけば、高いお金を出して稲ワラを購入する必要はなくなります。市販されている稲ワラはどこで栽培されて、どんな薬が使われているか分かりません。ひょっとしたら殺虫剤がかかっているかもしれません。 その点、畑で栽培したライ麦は、この点で安心です。タネ代は稲ワラより安くつきます。
また、麦秋には風情があります。以前は穂が大きすぎて気持ち悪いと思っていましたが、色づいた穂は和みの景色です。

さらに土を豊かにするようです。単純に考えて、茎葉と同じ量の根が地中にあると考えれば、かなりの堆肥をすきこんでいることになると思います。混ぜるのはミミズのお仕事。
0610-太ミミズの糞 麦を生やした場所には大抵、このようなミミズの糞が見られました。
見上げると、こんなジャングルです。昆虫だってたくさん棲んでいるはずです。
0610-ライ麦2 
さて、梅雨入りしましたが、本格的な雨が降る前に収穫です。今回も六条大麦と同様、ハサミで穂だけをカットしました。六条大麦はネットに入れて収穫しましたがライ麦の穂は大きくてネットの口で引っ掛かります。そこで、カゴに入れることにしました。
0610-収穫1 
数日間干して、脱粒です。今回は米袋に入れて揉んでみることにしました。0612-脱穀1
が、全く穂から種が外れません。乾燥が足らないのかも。
仕方なく、そのままネットに入れて吊るしておきます。0612-乾燥
食べるなら脱粒する必要がありますが、タネとして保存するなら脱粒せずに、そのまま播いてもイケるかも。
長期間干すと虫がつくようです。さて、これだけのタネをどこでどうやって保管するか。
今のところライ麦パンの計画はありませんが、たくさん採れすぎたらパンにしても良いかもしれません。

私のお気に入りカテゴリーです。
普段は行かないカテゴリーの散策などいかがでしょうか。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 園芸初心者へ
にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/12 21:45 ] ├ 麦 | TB(0) | CM(4)
おお!有難い記事です
うちのライ麦も、だいぶ穂が垂れてきました
どうしたらよいものやら、検索もせずに放ってありました

その様にするのですね!
私は、稲ワラの代わりにしたかったので穂も利用できると嬉しいですね~
一昨日、ちょっと一粒食べてみたのです
くにゃっとした穀物だな~という印象です
乾けばもっと美味しくなりますかね?
[ 2012/06/12 21:52 ] [ 編集 ]
Re: おお!有難い記事です
 oimohomoriさん

 こうするのが正しいかは分かりませんよ。
 刈り取って、干して、脱粒する。
 人によってはシートの上に広げて、ビール瓶で叩くというのもありました。

 美味しいかどうか、既に「畑でモグモグ」されたんですね。
 
 とうとう雨が続くようになりました。刈り残しの穂発芽が心配です。 
 
[ 2012/06/13 04:49 ] [ 編集 ]
No title
今年、秋に極早生のライ麦を蒔こうと思っていたのです
2月に蒔いたものも1メートルというのはすごいですね
品種はありますか?

麦を蒔くと、昔の思い出がある人は、すごく反応しますよね^^
カゴなんかつくっていたら、なおさらだろうな~
今はつくっても、ホタル自体、いませんものねぇ;

[ 2012/06/14 10:20 ] [ 編集 ]
Re: No title
 レコレコさん

 ライ麦の品種は…雪印の、すいません、覚えていません。
 冬の間は小さかったのですが、3月以降、ぐんぐん大きくなりましたよ。

 ホタル、いないんですか?
 今年こそ見にいっていませんが、
 車を10分走らせると、乱舞している場所があります。

 でも、今年は蒸し暑い夕方が少ないですね。
 涼しい日が多く、変な6月です。
[ 2012/06/14 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。