ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆まとめ 自家採種をしてみよう-命をつなぐこと-

自家採種、要するに野菜などの種を採ることです。簡単なものから、少し難しいものまでありますが、自家採種について、私でも分かりやすかった本を紹介します。
私が自信を持って採ることができる植物のタネは、アサガオとヒマワリ程度ですが、今年は本格的に自家採種に取り組んでいます。
ほとんど知識ゼロからの出発でしたが、今では知識だけは何とかなりそうです。その、強気の根拠となった1冊がコレです。

120119-00.gif
『秀明自然農法ネットワ-ク 自家採種の手引き』

秀明自然農法ネットワークのサイトで販売されています。野口種苗研究所でも取り扱っています。一般の本屋では販売していないのではないでしょうか。

”秀明自然農法”と耳にされた時点で宗教的な雰囲気がするので敬遠したい-と思わないでください。この本は、自家採種の基礎から応用まで、中学生でも分かる程度の平易な文章で説明されており、自家採種に取り組めそうな気になります。
120119-01.gif

本の構成も優れており、自然栽培における自家採種の概論、科別の各論、作物別の詳細となっています。秀明自然農法的な栽培をされない方でも、自家採種の技術的手法だけを採用することは可能です。
120119-03.gif 


もう1冊、自家採種に関する知識がなくても、やってみようという気持ちになるのが『岩崎さんちの種子採り家庭菜園』です。

120119-04.gif

秀明自然農法の自家採種の手引きがオーソドックスで現代的な入門書だとしたら、この本からは歴史と伝承、伝統の息吹を感じます。
120119-06.gif

「タネをあやす」など昔から伝わる用語を説明を加えながら用いたり、野菜別の自家採種の方法だけではなく、具体的な固定種に関する自家採種も説明されています。
120119-05.gif 

農文協から出版されている本なども読みましたが、ある程度の農学の知識がある人向けの本のように思えました。
この2冊は、初心者にとって、どちらも甲乙つけ難い、優れた1冊です。後者は図書館でも蔵書があるかもしれません。
私が自家採種をする理由は幾つかあります。
自家採種を繰り返すことで、この土地の気候や土に適した野菜が残るためという理由があります。タネ代の負担が減るという理由もあります。
ですが、最も大きな理由は「命をつなぐ」ことが温かく感じるからです

そして、自家採種をするなら交配種ではなく固定種。交配種ではタネが出来ない品種もあるようです。タネが出来たとしても、交配種の第2世代はどのような野菜になるか想像できません。

私には今年、自家採種に関する一つの目論見があります。
タネを播くときに、または育ちはじめたときに、野菜に声をかけてあげます。

「枯れるまで、畑にいていいから」と。
「立派なタネを残してね」と思いながら。

ん?植物がタネをつけるのは生存が危うくなったときなので、これでは良いタネは採れないかもしれません。
ま、それはそれとして、トマトやナスは撤収せずに、枯れるまで畑に残してあげたいなと思ったのは事実です。
ひょっとしたら、適期を過ぎた野菜が畑にあることは、野菜への虐待かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
こんにちは~
種の件ですが、コメに載せた種苗会社は、ソニーキャロット(Jガーデン) 時無し5寸(サカタのタネ) 黒田5寸と、あまね5寸は種袋を廃棄したので不明です、でも大手だったような
ラブリーキャロット・固定種・は、イタリアフレンチ社の種です

普通に売っているものばかりです

記事に出ていた直売所は、普通の野菜直売所で特別な種は販売していません
私も、今回初めて固定種を野口のタネさんで、購入しました
とても楽しみです
[ 2012/01/20 12:03 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは~
さっそくありがとうございます。
後で、ネットでお店を探してみます。

ニンジンは交雑があるようですが、花のカットするなどして、品種ごとの採種時をずらすなどの
対応ができるようですね~。
品種によって、どんな花が咲くかも楽しみです。
[ 2012/01/20 12:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。