ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グラウンドペチカに救われる

今春はジャガイモを5m×90cmの畝に2列植えしたものを5畝栽培していました。品種も増え続け、約10種類。初夏の収穫祭をとても楽しみにしていました。

6月1日。周囲のジャガイモは丈50cm以上に生長していますが、私の畑のジャガイモは、せいぜい30㎝程度です。
自家採種のダンシャク、メークインは、病気のためかほとんど枯れてしまいました。掘ってみると、0601-ジャガイモ
この程度の大きさです。
今年のジャガイモは全て、開墾して1年目の場所に植えています。昨年も開墾したての土地で結構収穫できたのですが…。ただし昨年は、購入した種イモを、よく耕した畝に植えたことが今年と違います。

ジャガイモの貴婦人こと(と勝手に呼んでいます)タワラヨーデルも、7株中1株が病気なのか、ほとんど枯れたので、掘ってみました。
0605-タワラヨーデル2 
…。左は種イモです。比較対象物はありませんが、一番大きなイモですら20グラムもなく、モトも取れていません。
他のタワラヨーデルも、現時点でこの程度しかイモが肥大していないなら、あまり期待できません。

多収を誇るというグラウンドペチカに期待、というか、ココロの拠り所にして、枯れかかった1株を掘ります。0608-グラウンドペチカ これまでで最大の収穫物。これなら、秋の種イモには使えそうです。少しココロが救われました。
それにしても、変な模様です。知らない人が見たら、病気のジャガイモです。

ジャガイモだけではありません。ダイコンだって負けて?いません。0607-ダイコンのはず
ほら、すでに天日干しして縮んだような大きさです。

これらの共通点は、土が悪いのに不耕起にこだわったことでしょうか。土は、スコップで掘ると、このようにブロック状で掘り起こされます。0607-ダイコンの畝の土
秋ジャガの作付では、真夏の炎天下の作業になりそうですが、耕すことにします。もう、ジャガイモでこんな思いをしたくありません。
このような失敗を踏まえて、土づくり、耕作方法、作付計画まで、見直し中です。いくら何でも、許容できる最低限度のレベルには達していないと…。不耕起栽培失敗記でした。

私のお気に入りカテゴリーです。
普段は行かないカテゴリーの散策などいかがでしょうか。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 園芸初心者へ
にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/08 20:42 ] ├ ジャガイモ | TB(0) | CM(8)
No title
>土が悪いのに不耕起にこだわったことでしょうか。
まさに同感です。堆肥を入れて耕すことも大事ですね。

しばらく前から野草のヒメムカシヨモギがあちこちに芽吹いているので、そのまましばらく放置しておこうと思っています。根が直根で太いからちょっと期待しています。

たつきさんが注文されたセスバニアの効果も期待しています。
マメ科で硬盤破壊するセスバニアのことを知ったとき、「これしかない!」と思ったのですが、草丈が3-4メートルに達するということで・・・女の細腕(?)で扱える作物ではないなと・・・残念ですがあきらめました。

[ 2012/06/08 21:27 ] [ 編集 ]
ジャガイモ1つでもなかなか難しい
農園でのジャガイモ作りは,去年からの3回目です。
去年の春植えは,4月定植と遅かったうえに,土の中にコメツキバッタの幼虫がいて,多くのジャガイモが穴をあけられました。その上,1株に芋が1個だけというのもありました。
2回目の去年秋jジャガは,場所を変えて作りましたが,これが思ったよりいいできでした。
そして,今年の春ジャガ。今日の朝市に,初めて出しました。男爵とキタアカリです。芋のサイズは小さく,しかも,数は多くできていません。でも,病気はなく,食べてみておいしいと感じました。
不耕起・無施肥なので,もともと大きな芋は期待していません。おいしい芋ができれば,成功と思っています。
自分の農園の中で,どの場所がジャガイモ作りに合っているのかを調べるために,今回は,4か所に植え付けて観察中です。
自然農では,土の状況で作物の出来不出来が大きく左右されると実感しています。
土をいかにつくっていくかは,挑戦しがいのある課題ですね。
[ 2012/06/08 23:22 ] [ 編集 ]
「土をつくっていくか」ではなく,「土を育てていくか」になりますかね。
[ 2012/06/08 23:32 ] [ 編集 ]
Re: ジャガイモ1つでもなかなか難しい
 ネイチャーToshi さん
 
 詳しい状況を教えていただき、ありがとうございます。
 「土を作る」は、作り手の意志を、より強く感じる言葉だと思います。
 「土を育てる」は、土は人の手に負えるものではなく、作るなんておこがましいと。
 私はどちらでも良いのかな~と思っています。

 私の、そんなに広くない菜園で、最も土が良い場所はナスやトマト、キュウリが占拠します。
 ジャガイモやサツマイモは悪い土の畝でも何とかなると思いましたが、ジャガイモは
 何ともなりませんでした。

 もう、とにかく、大量の有機物を入れるつもりです。
 落ち葉、刈った草や緑肥、もみ殻、燻炭…。よく混ぜるのはミミズのお仕事。
 来年は、「うん、これなら」という程度には収穫したいです。
 
[ 2012/06/09 05:36 ] [ 編集 ]
No title
小さな芋が多く食べれるサイズが少ないのは、昨年の私と同じですね。
1株から1個なんてのもありました。
だから今年は有機肥料を入れてみたんですが、まだ枯れてきていないので結果は分かりませんけど。

ジャガイモの不耕起栽培やってると土が固く根が伸びずに株元に集中して出来てくるので、イモ同士がぶつかってあまり良い傾向ではないと感じています。

今年の結果次第では、耕起をして有機栽培に移行し、大きめのイモを育てることに専念するかもしれません。


ジャガイモはソラニンのことを考慮すると、自然農法で小さめの芋しか出来ないけど美味しいというのは、あまりにも危険だと最近は思っています。
自然農法だから『小さい芋しか出来ませんでした』といのは、毒イモ育てましたと同意。

小さな芋が多いので、子供には食べさせない方が良いですよ。
ソラニン中毒に陥りやすいので要注意。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/higher_det_08.html
[ 2012/06/09 08:08 ] [ 編集 ]
Re: No title
 不耕起でもジャガイモが大きくなるような土になってくれるまで、有機物を入れてみます。

 土が硬いなら-と、今、期待が大きくなっているのですが、土のかわりに落ち葉で覆った株が
 どうなっているか楽しみです。
 モミガラをかぶせる方法も、今後、やってみようと思います。

 掘るので不耕起ではないのですが、耕す労力は不要と思います。

> ジャガイモはソラニンのことを考慮すると、自然農法で小さめの芋しか出来ないけど美味しいというのは、あまりにも危険だと最近は思っています。
> 自然農法だから『小さい芋しか出来ませんでした』といのは、毒イモ育てましたと同意。

 そうですね。自然農法だから小さいけどOKという野菜と、
 自然農法を言い訳にすべきでないものもあるかもしれませんね。
 毒の件はありがとうございます。

 きっと、サッシーやシンシアは、マシなサイズで収穫できると期待しています。
[ 2012/06/09 13:59 ] [ 編集 ]
じゃがいもって難しい!
はじめまして。
私も不耕起栽培で野菜を育ててます。これで3年目ですが、うまくいったりいかなかったり。たつきさんもいろいろ実験したり、土の温度調べたり参考になります。私はなんとなく~でやっているので。
市民農園を使わせてもらってますが、隣の隣は友達でおんなじように草と共生してますが、その他は雑草をはやさずつるっつる。すんごく肩身が狭くて、人に会わずに作業したいという感覚があります。(別に人嫌いじゃないけど)もっと気楽に自由にやれればなあって思いますよ。
じゃがいも去年少し作りましたが、私もたつきさんとおんなじくらいの大きさでがっかり。で、今年は植えてません。じゃがいもはやせ土でもOk、簡単って聞いてたけど、いやいや思い通りにはならなかったです。
[ 2012/06/15 13:22 ] [ 編集 ]
Re: じゃがいもって難しい!
 かいちゃんさん

 はじめまして。
 不耕起栽培は根菜類には向かないって本に書いてありましたが、
 そんなことはないという意見も聞いて、
 今年は不耕起でジャガイモを植えて、第一段収穫は惨敗でした。

 原因は不耕起なのか、種イモを室内で保管していて発芽が早すぎたためなのか分かりませんが、
 まだ、不耕起畝の収穫が終わったわけではないので、楽しみは残っていますよ。
 とはいえ、今日から雨続き。ジャガイモの収穫は難しいです。 

 今年ジャガイモを作った場所は、何年か荒れ地になっていて、草だけは刈られていた場所です。
 草といっしょに養分が持ち去られていた、という見方も出きるかもしれないので、
 これから有機物をどんどん入れて、土を柔らかくして、
 土がフカフカになれば不耕起も出来るハズと踏んでいます。


 市民農園での草生栽培は辛いかもしれませんよね。
 種を付けない程度に草を刈るのが最低限のマナーになるかもしれませんが、
 完全に草を抜くよりも、そっちの方が難しいように思えます。
 禁煙席、喫煙席のように、草生栽培区を作っていただければ助かりますね。

 今後ともよろしくお願いします。
[ 2012/06/15 20:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。