ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホウレンソウとスギナも仲良く同居

私がホウレンソウを栽培すると、だいたい、こんな感じになってしまいます。0525-ホウレンソウとスギナ俯瞰 ホウレンソウは小さく、ホウレンソウの間にスギナ、ホトケノザ、ハコベが生えます。
土壌が強酸性の目安の代表格であるスギナ。これまでは、ホウレンソウが小さかったり、途中で消滅するのはスギナがあることから、強酸性の土壌のためだと思っていました。

以前も記事にしましたが、スギナは決して強酸性でしか生えない野草ではありません。0525-ホウレンソウとスギナ ざっと、こんな感じでエリアを分けてpHを測定しました。
右側のスギナが多い場所のpHは6.5、6.5、6.7です。
左側のホウレンソウが多い場所のpHは6.6、6.7、6,8でした。
ほとんど差はありません。

スギナがあるからと、ドカッと石灰をまく必要はないようです。pH測定器がなければ、多分、石灰をまいていました。

ホウレンソウが小さいのはpHのせいではなく、栽培方法の違いに起因するものと確信できるようになりました。要するに化学肥料のような即効性の肥料を与えていないため。化学肥料が登場した時代に生きていたら、化学=進歩的で、それを使うことが先駆的な農業だと思っていたに違いありません。でも、それに頼り切ると美味しい野菜は出来ないことは実証済みです。目的は出荷ではなく、美味しい野菜を食べたいこと、安全な野菜を食べたいことなので、栽培期間が長くなっても構わないので化学肥料はパスです。

さて、スギナは、普通、畑や庭では厄介もの。ですが、その深~い根で、地中深くにある栄養分を地表に上げてくれる大切な存在です。また、野菜が病気になれば、スギナの煮汁で薬効を期待できます。刈り敷きとしても好きなタイプの茎の硬さ、形状です。地表15cm以上まで大きくなったら、地際から刈り取っておけば、野菜の日当たりにも悪影響はないと思います。
ときどき、収穫したホウレン草の中に混ざってしまうのが珠に傷。もっとスギナの生態と利用方法を知りたいこの頃です。

私のお気に入りカテゴリーです。
普段は行かないカテゴリーの散策などいかがでしょうか。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 園芸初心者へ
にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/25 06:11 ] └ ホウレンソウ | TB(0) | CM(4)
No title
スギナは野草の手作り酵素でも絶対入れる野草の一つです。
体内の毒素を出す作用に優れ、ミネラルもほうれんそうよりはるかに豊富だそうですよ。
お茶にするといいらしいです。私は作ったことはないですが。
以前すんでた家にもスギナが生えていますが、永住先が見つかったら、掘り起こして持って行くつもりです。新しい場所で定着してくれればいいですが・・・。
[ 2012/05/25 09:26 ] [ 編集 ]
Re: No title
 ニャンさん
 
 そういえば、ニャンさんは手作り酵素を作っていましたよね。
 スギナにも効くラウンドアップでしたっけ?
 スギナが、根絶しにくいけど根絶させたい雑草の地位を確立したコピーです。

 そんなに悪い草ではないと思うんですけどね~。
[ 2012/05/25 20:41 ] [ 編集 ]
No title
年に一度くらいスギナ飯をつくります
若いスギナをゆでて細かくし、塩で少しもんでご飯とあえる
今年もやりましたが、「うーん、もういいかな」と思います(笑
そんなに味もなく、おいしいものでもないのですが
若いスギナたちを見ると、おいしそうに見えるので
いろんなことを忘れて、またつくってしまうのです;

スギナの薬効はすばらしいですよね
これを利用しない手はないと思います
ただ、除草剤をまいたあとにスギナだけごっそり出ているエリアのものだけは手を出してはいけませんが。。。
[ 2012/05/26 06:47 ] [ 編集 ]
Re: No title
レコレコさん

スギナ飯ですか。初耳です。
スギナ汁はよく聞きますが、まだ、使ったことはありません。
そんなによく効くんですね。
胡瓜やカボチャでウドンコ病が出たら、使ってみたいと思います。

お隣の畑の近くのスギナは使わないようにします。
除草剤の中から生えてきたたくましいスギナかもしれませんが(笑)
[ 2012/05/26 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。