ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャガイモを植える時、切り口の向きが生育に及ぼす影響

ジャガイモ植え付けの比較実験のうち、まだ経過報告をしていなかった最後の案件です。

植え付けした時の記事はこちらです。
ジャガイモの比較栽培-乳離れの有無・切り口の向き-

要するに、種イモを2つにカットして植えるときに、切り口を上向きにして植えた場合と下向きにして植えた場合では、上向きにした方が芽に与えるストレスが大きいため、元気な芽しか地表部に到達できない。結果、元気な少数の芽が生育し、芽かきは不要になるだろうというものです。


さて、先入観なしでご覧になってください。どちらの切り口が上だったかは、後で記載します。

この4本のジャガイモと、
0516-シンシア1 
この4本のジャガイモです。同じ畝に並んで植えています。
0516-シンシア2 
写真が悪くてよく分からないですね。では、この写真で。0516-シンシア3
なお、どちらも芽は1~2本でした。

刈って置いているのはイネ科の雑草やライ麦です。ジャガイモの生育適温以上に地温が高くなるか、梅雨になれば、地面が見えなくなるほど有機物を敷きつめる予定です。正直、この、乾燥するとカチンコチンになる土を改良するためには、大量に落ち葉をすき込んで1年放置という方法をしたいところです。


イモの生育に戻ります。どうでしょう。差は、ほとんどないように思えます。

最初の写真は、切り口が上向きで植えました。リクツの上では根性のある芽だけが地表まで到達できるというものです。
2枚目の写真は切り口は下向きで植えたものです。
3枚目の写真では、上の列が切り口が上向きです。

品種の影響なのか、合計8株が少なかったためなのか、顕著な差は見られず、実験は失敗でした。
秋ジャガはカットせずに植えるので、この実験は来年度に持ち越しです。

収穫の時にサプライズがあれば、報告します。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/17 21:34 ] ├ ジャガイモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。