ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陽動作戦にハマり、奇襲で致命的一撃を受ける

ネキリムシ被害でキュウリがやられました。ちゃんとガードをしないとダメですね。

4月になって播種し、ポットで育苗していたキュウリが本葉2枚程度になってきました。
まあ、言い換えると、初心者には、寒い時期の育苗は難しいことを実感した2,3月でした。適温を維持できず発芽せず全滅。と思っていたら、今頃発芽している種もあったりします。

移植適期が分からなかったのですが、2枚目の本葉が出てきた相模半白胡瓜を畑に移植しました。
そして、一夜明けて-
0507-相模半白 ナメクジ攻撃 
2株のうち1株がナメクジ攻撃を受けています。う~ん、この株は、以前、畑で一泊したとき、ナメクジにやられなかったのですが…。

変節漢呼ばわりされるかもしれませんが、ナメクジの忌避剤を数粒播いてみました。一応、お茶の成分でもあるという天然有機物由来です。昨年の春に購入していたのですが、未開封のままでした。0507-ナメクジ逃げ逃げ

そして一夜明けて-0508-相模半白胡瓜 奇襲を受ける
敵の一撃必殺の奇襲で致命傷を受けていました。

文字通り、草の根分けて犯人と思われるネキリムシを探しましたが、敵は奇襲に成功後、素早く撤収したようです。
ナメクジは陽動作戦だったようです。

この日、神田四葉胡瓜も移植しましたが、トイレットペーパーの芯で防御壁を作りました。もちろん、相模半白胡瓜もです。0508-神田四葉胡瓜
今後播種予定の奥武蔵地這胡瓜は直播で栽培するつもりですが…やられることを想定して、かなり播くべきかもしれません。
自家採種できるようになったら1ヵ所5~10粒播いて、ナメクジや害虫にやられなかった強い株だけを残す栽培になりそうです。
0508-.gif 
朝、ミミズ君がコメ糠ボカシをお食事していたようで、私が近付くと急いで逃げていきました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/08 20:14 ] ├ 病気、虫、草 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。