ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松葉拾い

松葉も集めています。

4月から転勤になりました。
これまでは山の中の職場へ通勤していたので、道路脇の吹き溜まりなどにたまった落ち葉をたくさん集めていました。
今の職場は市街地です。通勤途中、落ち葉の吹き溜まりはありませんが、職場のそばの道路にある松の巨木の並木では0423-道路 こんな感じで松の落ち葉がたまっています。

これに目を付けました。0423-松葉など
こんな感じで結構あるんです。

早速、昼休みに、これまでのように米袋と熊手を持って出撃します。新しい職場での自己紹介では、「ゴミ拾いのボランティアではない」と、あらかじめ断っています。「ご苦労さん」と言われて、気まずい思いをすることはないでしょう。

針葉樹の落ち葉の下にはあまり生き物がいない、そんなイメージを持っていましたが、ダンゴ虫はたくさんいます。ミミズもいました。わずかに土もできていました。
アスファルトやコンクリートに積った広葉樹の落ち葉の下の湿った場所にはムカデがいることが多いのですが、ここはあまり湿っていないし、ムカデなんていそうにないという雰囲気がありましたが-0423-ムカデ
はぁ!?松の落ち葉の上を、最大級のムカデが散歩していました。軍手と比較して、その大きさを実感してください。私の数年の経験など、根拠のない思いこみだったようです。

これまで同様、米袋はビニール袋で包んで車に入れないと危険かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。