ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

草地と裸地の地温の違い-冬編-

草地と裸地の地温の違いについて実測しました。
草地と裸地では地温が違いますが、季節、時間(朝、昼、夕、夜)、天候(晴れ、曇り、雨、雪)によってどう変わるかは知りません。
インターネット上で論文等を探すと、研究結果がヒットされますが、その論文の草地の規模や周囲の状況が私の畑の状況と異なれば、影響の大きさは異なるはずです。では、私の畑では、どの程度の温度差があるのか気になります。
草だけではなく、落ち葉や刈った草を畝の表面に敷く「有機物マルチ」をしている私ですが、「有機物マルチ」の有無によっても地温は変化するはずです。地温を上げたい春先。地温上昇を抑制したい真夏。地温を保ちたい秋。それぞれ、有機物マルチと裸地で地温を比較することで、有機物マルチの管理方法の参考になると思い、素人実験ですが実測しました。

実験日時:2012年1月14日 9:30


天候:くもり。前日からくもり。気温の測定は忘れていました。


測定地点:草地と裸地各1ヶ所(約3m離れています)。落ち葉で畝を覆っている場所も測定したかったのですが、米ぬかを播いており発酵熱があるので測定しませんでした。今考えると、それはそれで測定しても良かったです。110117-01.gif


測定結果:以下のとおり。アルコール式温度計で測定しました。110117-02.gif























 区分 深さ1cm  深さ10cm  その他(10㎝の土の柔らかさ) 
 草地(不耕起畝) 6.0℃ 6.5℃  温度計がスッと入るほど柔らかい 
 裸地(耕起した畝) 5.0℃ 4.5℃  温度計が折れるかと思うほど硬い 

冬の草地では地熱が放射されず、裸地よりも地温が高いことは想像どおりでした。


一方、深さ10cmで、草地は地温が上昇し、裸地は地温が低下することは想定していませんでした。


草地は開墾した時に、落ち葉を敷き詰めて、その上に土を入れています。また、草を生やし、抜かずに刈り取っており、根が地中に残っているので、それらの分解熱で地温が上昇しているのかもしれません。いや、よく考えたら、単に地温が高くて、表面から奪われているだけでしょうか。


裸地の深さ10cmの地温が低下する原因は分かりません。


反省:次回は気温も測定する。また、草地だけでなく、有機物マルチをしている場所も測定する。




1ヶ所の測定結果なので、サンプルとしては不十分で、一実験結果としてとらえています。


この1~2℃の違いの影響は、累積すると無視できないと思います。冬でも野菜の成長が促進されるメリットの可能性もあれば、ヨトウムシやネキリムシなどの害虫が越冬場所を求めて草地に集まっているデメリットの可能性もあります。


温度計が1本しかないと、測定に不便なだけではなく、測定箇所を増やすと気温の変化も生じ、それが地温に影響する可能性もあります。何かと、誤差に充ち溢れそうな実験です。


余談ですが、不耕起畝は裸地よりもフカフカだったのは嬉しい結果でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/17 05:17 ] ├ 育土 | TB(0) | CM(2)
No title
こんにちは
今日自分のブログに行ってみたら、コメントをいただいていたのにびっくりしました。
こっそりお気に入りに入れ、ポチもしていたのですがばれちゃったのかな~と(笑)

突然素敵なブログが登場したと喜んでいたら、たつきさんの新しいブログだったと、とても嬉しく毎回拝見しています
諸事情でブログが変わると、以前のグログで書いていらっしゃったので、こちらの記事にからんではいけないのかと、こそ見でしたが、
とても嬉しいです

ニンジンですが、初年度はラブリーキャロット(まん丸固定種)と、たしか黒田5寸、あまね5寸のいずれかと、島人参
2年度は、ラブリーと、あまね5寸、
3年度(去年)は、固定種の種が手に入らなかったので
ソニーキャロット、時無し5寸、その他ヤフオクで買った数年たった2種類です

いずれも、びっくりするくらい甘くて、毎回他で買ったものと比べるようにしているのですが、驚きです

長々と書いてしまって申し訳ありません
男性の方がたのブログは、理路整然としていて、感覚的に栽培する女にはとても面白く、いつも納得させてもらう記事ばかりです
これからも愛読させて下さいね
私の方は、理論的なことが書いていないので本当に申し訳ないのですが、遊びに来て下さい
では
[ 2012/01/18 05:01 ] [ 編集 ]
知りませんでした~
おはようございます。

ヤフーブログをご覧になっていただいていたのですか。私の変態ぶりがバレてしまってますね。
これからココロを入れ替えて、真面目に取り組もうとしていたのに(笑)

ヤフーブログは諸般の事情でFC2にお引っ越し作業中です。
あちらの記事の焼き直しも持ってくるので、重複になってしまいます。
申し訳ないです。

ニンジンは、色々と食べ比べをしたいのですが、種子の寿命が短いので多くの品種を購入しても、
私のような小さな家庭菜園だとタネが余ってしまいます。
今年は、黒田五寸、スイートキャロット、鮮紅大長人参のタネがスタンバイしています。
もう1品種くらい…と畝への割り当ても検討せずに購入すると、タネがあぶれるんでしょうね。

私も、タネを探し、ポチッと購入するのが趣味になりつつあります。
野口さんの生講演、私も聞きたかったです(笑)


それでは、今後ともよろしくお願いします。
[ 2012/01/18 05:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。