ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麦・麦・麦

現在、畑では3種類の麦が実を付けています。
六条大麦は麦茶のために。ライ麦とエンバクは興味本位で植えてみました。
本日の様子です。0421-麦色々
ライ麦は丈が1m以上ありそうです。最も低いのはエンバクです。いずれも、秋から初冬の間に播種し、冬の間でも生長して、6月には採種できるようです。

既にライ麦は穂が出ています。あまり好みではありません。毛虫を連想します。0419-ライ麦 この時点で半分を刈り取りました。乾かして、いずれマルチとして利用する予定です。イネ科作物や草も有機物マルチになりますが、まだ小さく、この時期に大量の有機物を確保できるライ麦は重宝しています。エンバクはざっと、ライ麦の半分程度の有機物しか確保できませんね。来秋、遊んでいる土地があれば、積極的にライ麦を植えようと思います。


これはライ麦の根です。0419-ライ麦の根
根の量が多いのか少ないのかは分かりませんが、「麦の根は土を砕き、団粒化を促進する」そうです。
冬の間もこのように地表を覆い、土を耕してくれる麦は不耕起栽培の友とも言えそうです。
麦踏みをしなくても、この地方は霜柱で土が浮くことはありません。分けつが少なく、多少収量が落ちても良しとします。

ライ麦も毎日にように観察していますが、今日、変な虫がついているものがありました。
0421-ライ麦についた虫 正体をご存じの方がいらしたら教えてください。

このマルチ麦と、マルチカヤを土に乗せたところには多くのミミズとゴロゴロの団粒が-と目論んでいます。

 私のお気に入りカテゴリーです。
普段は行かないカテゴリーの散策などいかがでしょうか。 

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ   
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/21 14:18 ] ├ 麦 | TB(0) | CM(2)
楽しく拝見しています
ラストの写真、ヒラタアブの幼虫に似てますね。
アブラムシを食べるらしいです。
[ 2012/12/30 20:39 ] [ 編集 ]
あおんさん

コメントありがとうございます。
ヒラタアブの幼虫かもしれないんですね。スッキリしました。
今年も各種ムギを栽培しているので、
春になったら注意してみようと思います。

[ 2012/12/30 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。