ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家庭菜園夫は見た-隣人の害虫対策

薬剤は正しく使いましょう。
私の借りている畑は、南は水路、西は民家のブロック塀、東は借地人Aさん、北は借地人Bさんに接しています。
この、Bさんのツテで私はこの畑を借りることができました。
Bさんは70歳過ぎと思われる好々爺で、とても良い方です。私の栽培方法や、草がボーボーになっていることも理解してくださります。
そのBさんの、私には想像できない恐るべき害虫対策は昨年、ご本人から聞きましたが、本日、目撃してしまいました。
夕方、Bさんの畑から「プシュー」という音がして、風に乗って、あの独特にニオイが流れて来ました。Bさんが肥料袋で作ったアンドンに向けてそれを噴霧しています。Bさんが帰宅した後、恐る恐る現場に近付きました。0415-お隣さんの畑
恐怖のあまりピンボケ、ではありませんが、このアンドン全てに噴霧されていたのです。

中をのぞくと、そこには-0415-お隣さんのキャベツ
キャベツにキンチョールを噴霧…ですか。
確かに昨日からモンシロチョウがひらひらと飛んでいますが、自分で食べる野菜にキンチョール。
自分で食べる野菜だからこそ、キンチョールでもOKと解釈すべきでしょうか。
食べる葉っぱはこれから出て来るから大丈夫と思うこともできますが…。
普段スーパーで買っている野菜も、同様の農薬を使っているんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/15 21:26 ] ├ 病気、虫、草 | TB(0) | CM(4)
うわわ
最初はタイトルに笑わされて拝見しましたが、衝撃的でした
[ 2012/04/15 21:53 ] [ 編集 ]
Re: うわわ
oimohomoriさん

ひょっとしたら、キンチョールの方が毒性が弱いかもしれません。
農薬については全く知識がないのです。

いずれにしても、畑の北側にもソルゴー障壁をつくります。
[ 2012/04/15 22:00 ] [ 編集 ]
びっくりです;
キンチョールの発想はないですねぇ;
殺虫だけではなく、虫除けとして使われているのでしょうか

CMで、タレントが自分の目の前でプシューッとやっているのですが
いつも「大丈夫なのだろうか」と思ってしまいます
[ 2012/04/15 23:00 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
レコレコさん

言われてみれば、そうですね。
身近な殺虫剤というイメージから濫用しても大丈夫と-そんなわけありません。

昔、蚊やハエなどの虫がいれば、ご飯中でもプシューっとする家に行ったことがあります。
ああ、この方、CMの先を行っているなと、今思いました。
[ 2012/04/16 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。