ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜の季節 畑の移ろい

4月9日。ようやく桜が見頃を迎えました。桜の季節です。この週は、畑が大きく様変わりしました。
この頃の様子の記録です。
0409-桜の季節

一番大きく変わったのは六条大麦です。4月9日にはこのように、ほとんど出穂していませんでしたが、0409-六条大麦
4月13日には0413-六条大麦
全て、このように穂が出ました。播種は10月30日頃から、1~2週間ずらして播いたのですが、このように出穂はほぼ同時期になりました。実が6列あって、名前の由来を確認できました。日々変わりゆく六条大麦を見るのが楽しみで、この間、毎朝畑に通いました。

4月13日。ライ麦の出穂を確認しました。0413-ライ麦
六条大麦のように、数日のうちに穂がそろうかもしれません。

種を播いて発芽せず、諦めかけていたネギが発芽していました。0409-葱
地温が足りなかったようです。

ジャガイモも日々、どこかで発芽しています。タワラムラサキ、タワラヨーデル、グラウンドペチカも次々と発芽し、サッシーも発芽していました。ダンシャクやメークインを適当に植えた促進栽培ビニールトンネル内のジャガイモの生長が著しいのですが、0409-カマキリ卵
暖かいこの場所にはオオカマキリの卵を配置しています。トンネル内はエサとなりそうな小さな虫がたくさんいます。

ちょっと晴天が続くと、すぐにひび割れる畑の状態は改善されていません。
0409-ひび割れ 
こんな状態を見たくないので、裸地にせず有機物マルチをしているように思えます。

スナップエンドウは満開。お隣さんの畑(写真右)はまだまだです。播種をずらせば良かったと反省しています。
0413-スナップ遠藤 

テントウムシが出てくるようになりました。
0409-テントウムシ 

ブロッコリは、花が開きそうなものが多く、そろそろお終いです。雨の後、多数のナメクジが這っていました。
0413-ブロッコリお終い 
気にせず朝食にしました。子供には見せられません。


落ちた夏ソバが発芽しています。
0409-ソバ 

これからは畑の季節。桜の移ろいを眺める1週間となるように思えます。2週連続、強風が吹いています。来週、強風が吹き荒れれば、桜を散らす風になるんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。