ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

球根植器ってスゴイ

球根植器の利用について記録しました。

先日、球根植器を購入しました。0318-球根植器
ホームセンターで210円。持ち手を押すと先端が開くので、この状態で地面に突き刺して、
0318-球根植器2
押している部分を離すと先端が閉じて土をつかみ、そのまま引っこ抜くと
0318-穴をあけて
こうなるんですね。こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

昨日、実家でのジャガイモの植え付けで使ってみたのですが、穴をあけて、イモを入れて、土を戻すだけです。
実家の近所のおじいさんは初めて見る光景だったらしく「そりゃ何じゃ?ふーん、便利じゃのう」とおっしゃっていました。私も「ふーん、便利だな」と驚いたところでした。

私が借りている畑は粘土質で土が重たく、根菜類を植えるために掘り起こすのは大変な作業です。この方法なら非常に効率が良く作業が出来ます。ただし、握力が弱い女性の方には辛い作業かもしれません。 土が軽い畑ならクワやスコップを使った方が楽だと思います。

また、この方法の良いところは作業効率だけではありません。間植と混植-不耕起栽培の強い味方になってくれます。他の作物が育っている場所に、簡単に植え穴を開けられるます。例えば、タマネギの株間にタマネギを傷めずに溝を掘るのは難しいことですが、この方法なら簡単に穴を掘って作付ができます。ライ麦の間にジャガイモを植えることも簡単になります。クロタラリアの間にジャガイモを植えることもです。

間植ではないのですが、早速、サトイモの植え付けに使いました。
0318-サトイモ
このサトイモは昨秋、初めて種イモの保存に取り組んだものです。30cm程度の穴を掘り、サトイモを逆さまに入れて、モミガラを入れて埋めます。その植えに落ち葉を盛り上げて断熱効果を期待し、さらに廃マルチで水が入らないようにしていたましたが、無事、冬を越してくれました。
いや~楽しい。作業は雨で中断となりましたが、心地よい疲れです。
2013年2月に追記。土が硬い場合、ジャガイモの植え付けでこれを利用するとストロンが伸びることが出来ず減収の原因となるかもしれません。里芋は問題なかったです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/18 15:08 ] └ 畑の道具、DIY | TB(0) | CM(2)
No title
ええ!こんな便利なものが210円とは!
握力がある私には、最適!

なんとかイモ類の植え付けをしたいと思っています
探しに行ってみます!
[ 2012/03/18 20:57 ] [ 編集 ]
見切り品でしたので
oimohomoriさん

定価はもうちょっとしました。400円程度でしたよ。
見切り品で安くなっていて、とびついてしまいました。

握力があればOK。
なければ、鍛えるためにも最適。

サトイモの育苗中ですが、植え付けが楽しみです。
秋ジャガの畝も、耕起を前提にしなくて良くなったので、何か植えることができます。
[ 2012/03/19 04:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。