ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

緑肥 イタリアンライグラスとオーチャードグラス

イタリアンライグラスはネズミムギとも呼ばれる1年草。
オーチャードグラスはカモガヤとも呼ばれる花粉症の原因にもなる多年草。
有機物マルチ資材として、2013年に初めて使ってみました。

Read More

スポンサーサイト
[ 2014/01/29 06:28 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

2013年 クロタラリアとセスバニア

夏緑肥、マメ科のクロタラリアとセスバニア。
昨年度のセスバニアは壊滅。クロタラリアは繁りましたが採種出来ませんでした。
何がいけないのか?とりあえず今年は複数の畝に分けることとして、D区画(ジャガイモ用)のうち数ヵ所に分けてまきました。
種は一昨年購入した古種です。

Read More

[ 2013/12/04 21:13 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

夏の緑肥と有機物マルチ

草や緑肥の茎や葉を刈って畝に敷く、いわゆる有機物マルチの様子です。
無農薬自然栽培(自然農法・自然農)でカンタン持続可能な家庭菜園『自然菜園のコツ』の最近の記事でも有機物マルチについて触れられています。

今年は初めて栽培した緑肥もあって、この時期にどうなるか興味がありました。

Read More

[ 2013/07/28 06:13 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(2)

5種類の緑肥を単播する

冬に「これならできず!自然菜園」が発売されて、今春には緑肥の混播に取り組まれている方も多いのいではないでしょうか。これまで、ソルゴーやムギは使っていましたが、今年はグラス類も購入して混播しています。
混播だけではそれぞれの緑肥のことが分かりにくいので、単播してみました。

Read More

[ 2013/06/23 07:26 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(2)

緑肥の栽培場所-通路、畝端の利用-

有機物マルチ用の草は十分に確保したいのですが、緑肥用の畝を設けるのは野菜の作付面積を減らしてしまいます。また、草用の畝から野菜用の畝へと刈った草を運搬する手間も生じます。
理想的なのは、畝に使う有機物資材はその畝で賄う状態です。そこで、畝間や畝の端を使った緑肥栽培について、あれこれやってみました。

Read More

[ 2013/04/20 17:16 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

いろいろ使えそうなクロタラリアの茎

まっすぐ伸びて、丈が3mにもなり、茎が硬いクロタラリア。いろいろと再利用できそうです。

Read More

タグ : クロタラリア 利用

[ 2012/11/24 06:26 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

季節外れのヒマワリの播種から採種まで

緑肥栽培として取り組んだヒマワリ播種から採種まで。7月31日に播種した、季節外れの黄色い大輪についてです。

Read More

[ 2012/11/17 10:29 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

夏の緑肥

土を育てるためと、有機物資材確保のための緑肥栽培。ソルゴー、クロタラリア、セスバニア等、夏の緑肥の様子です。


Read More

[ 2012/09/17 06:53 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(0)

サツマイモ畝のソルゴー

コンパニオンプランツとしてソルゴーとサツマイモが合っているかは分かりませんが、役立っています。

Read More

[ 2012/08/18 21:11 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(4)

はぶ草が好む生育環境は?

はぶ草の栽培方法は種袋に記載されていませんし、野菜栽培の本にも載っていません。ネット上でもあまり情報はなく手探りです。インターネットではなく、田園地帯の農家のネットに接続できれば、たやすく情報を入手できると思いますが、そのようなツテはないので、自分で試行錯誤をした途中経過です。

Read More

[ 2012/06/26 21:10 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(6)

2012年 セスバニア栽培

セスバニア栽培の記録です。

Read More

[ 2012/06/16 05:14 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(10)

"はぶ茶"に祖母を偲ぶ

高校生の時、祖母が作ってくれたお茶が好きだった。他のお茶にはない美味しさがあった。「そのお茶をちょうだい」とせがむ同級生もいた。後で母から”はぶ茶”だと聞いた。
記憶は遡る。
小学生の時、祖母が作ってくれた"かしわ餅"もとても美味しく、つまみ食いをしながら手伝った。"イチゴエキス"を凍らせると、とても甘くて美味しく、食べ過ぎてお腹を壊した。雷雨の音を聞きながら祖母にやさしくお腹をさすってもらった。 
 
祖母は10年以上病院に入院し、数年前に他界した。亡くなった時に私は仕事が忙しく、母は私を気遣って連絡してくれなかった。祖母が亡くなった翌日、私は祖母の夢を見た。とても綺麗な白い着物を着て、まばゆい光に包まれて、元気な時の笑顔で、ただ笑っていた。
母から祖母の死を聞いたのは、葬式を終えてからのことだ。葬式には行けなかったが十分なお別れはしたので、連絡をしてくれなかった母への怒りも、葬式に行けなかった悔いもなかった。あれ以上のお別れはないと思う。
私は宗教も神も信じない。天国も地獄も信じていないが、ご先祖様の存在は信じる。矛盾しているが、祖母は天国にいるんだろうとも思う。

その後、はぶ茶を飲む機会があった。田園地帯の道の駅で茶葉を売っていた。記憶の味とは少し違っていた。祖母のはぶ茶ではなかった。
今、手元に、はぶ草の種がある。ここに至ったのは幾つかの偶然の産物だ。しかし、今後は明確な意思を持ってはぶ草を育て、はぶ茶を作りたい。祖母がかつてしていたであろう手作業を偲び、祖母が私にくれたものに感謝しながら、祖母の味に近づくのだ、と。

Read More

[ 2012/02/19 12:38 ] ├ その他の緑肥 | TB(0) | CM(7)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。