ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

針葉樹の葉だって腐葉土に

一般的に、堆肥や腐葉土の資材としては広葉樹の葉が使われますが、針葉樹の葉だって使えます。
約2年経過した針葉樹の葉についての記録。

Read More

スポンサーサイト

2014年 海藻収集カウンター

2014年の海藻収集です。
随時、記録を追加します。

Read More

モミガラの活用

自然栽培には「持ちこまない」って原則がありますが、アレは土が十分育ってからの考え方だと思います。
この、休耕田では田畑転換をするために、落ち葉、カヤなど大量の有機物を入れて粘土質の改善に取り組んでいます。
最近、モミガラが”ただで”、”簡単に”、”近所で”という3拍子そろった好条件で入手できるようになりましたので、モミガラについてまとめます。

Read More

2012年冬~2013年春 有機物カウンター

畑に持ち込んだ有機物を把握するために、このシーズンの落ち葉等のカウンターをつけてみました。

Read More

今年の落ち葉集めは昨年と違う

昨年の同時期、既に米袋で71袋もの落ち葉を集めていましたが、今年は転勤で落ち葉不足です。が、代わりに-。
今年の落ち葉集めの状況です。

Read More

松葉拾い

松葉も集めています。

Read More

米ヌカを畑に播く

肥料を目的としたものではなく、有機物分解を促進するために米ぬかを散布しています。

Read More

☆まとめ カヤの活用

稲ワラは農家に伝手がないと入手は難しいです。ホームセンターでも売っていますが、あれは高価なのでプランターレベルでしか買えません。稲ワラの代用品としては、畑で麦やソルゴーを栽培して乾燥させたり、陸稲を栽培して稲ワラを入手するという方法もありますが、河川敷や荒れ地に生えているカヤなどを刈る方法もあります。

Read More

落ち葉の使い方-腐葉土づくり、有機物マルチ、雑草対策など-

広葉樹、針葉樹の落ち葉の使い方について整理した記事。
どこかで記事そのものも整理したい。

Read More

軽トラックに頼らない落ち葉集め

冬の風物詩の落ち葉集めと腐葉土づくり。豊かな土を育てることは自然栽培に限らず野菜づくりの礎です。

一般的には、軽トラックにコンパネを立てて、山林で落ち葉を集める方法が知られています。農家じゃないんだから軽トラックは持ってないよ-と諦めるのは早いです。
普通乗用車でも車内を汚さずに、まとまった落ち葉を集めることは可能です。

Read More

雑木林や竹林の落ち葉の下にあるハンペンを集めて土づくり

雑木林や竹林で落ち葉の下で見つけることができる白い塊、いわゆるハンペンはこうじ菌の塊。繁殖のスタートダッシュに劣るこうじ菌は、気温が高い時は雑菌の繁殖に負けるため、寒くて雑菌が活動できない冬が得意だそうです。こうじを利用した酒づくりが真冬ということからも分かりやすいです。この季節、私はハンペンを使った土づくりに取り組んでいます。


農薬や肥料を使わない栽培方法では、土の状態が最も重要だと思います。化学肥料の毒が抜け、有用微生物が多く棲み、団粒化して、出来上がった土ではトマトやナスですら連作可能。同じ畝でトマトやナスの自家採種をして、タネは土に馴染み、土もその植物の生育が得意になる-現状は、そんな状態には程遠く、とにかく土の状態を良くしないと目指すべき農法が実行できません。


腐葉土やボカシづくりでハンペンを入れる方法は知っていますが、直接、畝にハンペンをまきました。この方法、どうなんでしょうね?


さて、自然農法には「畑の外から持ち込まない。畑の外に持ち出さない」という立場があるので、これで自然農法か?という疑問はありますが、自然の恵みを利用した広義の自然農法と言えるかもしれません。




作業手順です。
まず、畝を覆っている落ち葉をどけて、レーキで土を均します。
120116-01.jpg

次に米糠をまんべんなく薄くふりかけ、ハンペンやハンペンになりかけの葉っぱなどを乗せます。米糠を厚くすると、たいていカビて塊で残り、腐敗しそうなので薄くしています。


120116-02.jpg

均した後で再度米糠を薄くふりかけ、ハンペンに直射日光があたらないように落ち葉を薄く乗せます。
120116-03.jpg

そして、ワラ、ツル、枝などを乗せて、葉っぱが風で飛ばないようにします。


120116-04.jpg

雑木林で採種した分厚いハンペンを敷きつめました畝もあります。大部分は、竹林で採種したハンペン交じりの竹の落ち葉です。




ハンペンの採集についてです。


竹林では分厚いハンペンはほとんど採れません。薄い菌の層が多く、落ち葉と菌を一緒に集めるような感じです。その代わり、踏んで柔らかい場所なら、だいたいハンペンを見付けられます。


一方、雑木林のハンペンはなかなか見つかりませんが、厚い層が広範囲に発達していることが多いようです。120116-07.jpg


柔らかさの違いで、落ち葉が多いかハンペンが多いか、何となく分かるようになってきました。落ち葉の層を踏むとマットを踏んだようにフカフカです。一方、ハンペンですが、発達したハンペンは、熊手で引っ掻いても剥がれない硬さがあり、踏むと柔らかさの中に抵抗というか、固いバネを踏んだような硬さを感じます。落ち葉もハンペンもない場所はとても硬いです。


歩いていて、「フカ、フカ、フカ、トン」と来たら期待大です。ただし、全てがそうとは限りません。落ち葉のような柔らかさの場所にハンペンがあることもありますし、固い場所の落ち葉をどかすと、薄いハンペンがあることもあります。


「ハンペン+草シート」とも呼べるような、ハンペンと落ち葉が一体化して厚さ5cm程度のシート状態になったものも採れました。120116-05.jpg
このような場所は稀でしたが、見付けたときは夢中になりまし、シートごと畝に置けて楽しいです。


ハンペンは、採りつくさないように配慮しています。


ハンペンのある場所に炊いたご飯を置いて、菌を収集する方法もあるそうです。

なお、この方法がどのような結果を招くかは全く分かりません。良い土が出来た代償は、害虫の越冬場所の提供かもしれません。




冬の間の土づくりに関することですが、現代農業2010年1月号によると、冬の間に米糠をまいてケカビを繁殖させた畑ではジャガイモのそうか病が減り、4年目で、ほとんど発症しなかったそうです。ただしこの畑はビートの残渣を残していて、ケカビが繁殖しやすい環境だった様子。現在、ジャガイモ用の畝まで手が回っていませんが、比較的糖分が多いソルゴーの残渣で代用できるかもしれません。
春にどのような状態になっているかが楽しみです。




成功するか失敗するか、成り行きに興味を持っていただける方はポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。