ゼロからの60坪自然菜園

教本は竹内孝功さんの「これならできる!自然菜園」。無化学農薬、無化成肥料、不耕起、草生栽培で、海や山の自然の恵みを畑に持ち込む自然菜園です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

粘土質の土を改善するための取り組み-①落ち葉の大量投下-

踏めば靴の裏に粘土がべっとりついて、掘れば断面は崩れず、乾けば固まって表面にクラックが入る。そんな休耕田の粘土質の土を改良するための取り組みと効果。
基本方針は、とにかく有機物を入れるということで、色々な方法がありますが、”落ち葉を畑に直接投下する方法”について整理しました。

Read More

スポンサーサイト
[ 2013/06/16 07:13 ] ├ 土が育つ記録 | TB(0) | CM(2)

2013年春時点での土の育ち具合

自然農を続けておられるイソップさんは、何でも育つようになったのは5年目の頃と紹介されています。
私の借りている畑の、現時点の土と野菜の育ち具合です。

Read More

[ 2013/04/07 08:06 ] ├ 土が育つ記録 | TB(0) | CM(6)

畝C5の経過

日照りになるとカチカチになってヒビ割れ、踏むと靴の裏にべったりと5cmくらいひっつく粘土質の土。
畝C5の取り組みと経過について。

Read More

[ 2013/01/14 04:16 ] ├ 土が育つ記録 | TB(0) | CM(2)

団粒の確認と比較

ちょっとだけ国立公園内の土を採取して畑の土と比較しました。
国立公園内の土は、その後の嫌気性発酵ボカシづくりに利用。ボカシの保管までをまとめています。

Read More

[ 2012/07/25 21:10 ] ├ 土が育つ記録 | TB(0) | CM(1)

はじまりの土-畑を借りた当初の状態の記録

私が借りている休耕田。休耕田を、前の耕作者が畑として耕作していたそうです。栽培方法は不明。その方が高齢のためやめて、後を借りたかたが規模縮小して、余っていた場所を私が借りたとか。
「粘土質の土」、「地下水位が高い」、「30cm掘ると耕盤層(があって野菜が根を伸ばせない)」はこのブログのキーワードのように、私の野菜栽培の妨げとなっています。
畑を借りた当初に取り組んだ落ち葉全面敷きや、2年目に行った畝立て+落ち葉敷きの作業を記録します。

Read More

[ 2012/01/23 04:26 ] ├ 土が育つ記録 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。